社長の趣味は、土いじりです。苺、いちごの思い出

社長の趣味:社長の趣味は土いじりです。イチゴ、苺、いちごの思い出は、さんプラザコンタクトレンズ15(1と5)周年記念です。

社長の趣味 イチゴ、苺、いちごの思い出:

さんプラザコンタクトレンズが、15周年を迎えた時の話しです。

記念の行事を何にしようか考えました。

15年なので、「いち」と「ご」と読んで、15周年記念を、

イチゴ祭りとした思い出があります。

神戸市北区有馬にある、JA農野花で2010年に買ったイチゴの苗は、

一年経過して、2011年初夏にも、イチゴの実がつきました。

イチゴの実を狙うのは、ナメクジですが、その前に、

ハダニがイチゴの葉につくと、イチゴの苗の養分を吸収して

結実がしにくくなるか、

結実しても、大きなイチゴの実は成りません。

**

その次にやっかいなのは、野鳥です。

野鳥は、イチゴがまだ白いうちから目をつけていて、

赤くなったら、すぐにやってきて、

文字通り朝盗りイチゴになります。

**

これらの、艱難辛苦を乗り越えて、

やっとイチゴの収穫を迎えました。

自分の家でできた作物はかわいいのです。

**

高級フルーツパーラーで売っているイチゴよりも、

スーパーの上等な値段で売られているイチゴよりも、

産地直販でとりたてイチゴを買うよりも、自分で苗を植えて、

自分の家の鉢で、

今年も季節通りに実をつけてくれたイチゴはかわいいのです。

**

イチゴのかわいさは、イチゴの丸みのふくらみの、

艶のある光が、イチゴのえくぼのように見えるからかわいいのです。

イチゴの実に埋もれた、小さなタネは、

自分がタネであることを隠すように、

赤身のイチゴの粒の方が主役であるように、

ひそかに身を隠しています。

**

こんな遠慮がちな、控えめの性格が、かわいいのです。

それでは、イチゴの実を摘んで、仏壇にもお供えし、

奥さんと一緒に頂いてみましょう。

 

2011年5月26日(木)