チューリップの花言葉は「博愛」「思いやり」「名声」「恋の宣言」です。チューリップ・バブルと言う言葉もあります。

チューリップの花言葉は、博愛・思いやり・名声・恋の宣言です。   神戸のフラワーロードには初夏の花、チューリップやパンジーが咲いています。チューリップ・バブルと言う言葉もあります。

チューリップの花言葉

チューリップの花言葉は、「博愛」「思いやり」「名声」「恋の宣言」です。

神戸のフラワーロードでもチューリップやパンジーが咲いていて、

すっかり初夏を感じさせます。

**

フラワーロードとは、神戸のお祭りでもメイン会場になる、

神戸市役所に面する大通りです。

**

フラワーロードにある花壇の花は、

パンジー、チューリップが咲いていました。

**

普段と違う散歩コースを歩いてみると、

新しい発見があります。

**

こんなところに、こんなに綺麗な花壇があったのか、

こんなに綺麗な花が咲いていたのか、

この花は何の花だろうかと、しばし花に見入ってしまいまいした。

**

誰でも知っているのが、チューリップで、

幼稚園の頃でも、咲いた咲いたチューリップの花が咲いたと、

幼稚園の先生に教えてもらった事を思い出します。

**

チューリップ・バブル

チューリップ・バブルのピーク時であった1637年3月には、

1個当たり、熟練した職人の年収の10倍以上の価格で販売される

チューリップ球根も複数存在しました。

1619年から1622年にかけて、

三十年戦争の戦費調達のために

ヨーロッパ全体で行われた貨幣の変造「Kipper-und Wipperzeit」にも、

バブル経済類似の熱狂が存在したと指摘する研究者もいるものの、

チューリップ・バブルは、

記録に残された最初の投機バブル(またはバブル経済)

であると一般に考えられています。

「チューリップ・バブル」という語は、

今日では、資産価値がその内在価値を逸脱するような

大規模なバブル経済を指してしばしば比喩的に用いられています。

チューリップ・バブルはバブルの始まり

このチューリップの球根ですら、1637年オランダでは一時、

投機の対象となり、

新しい種類のチューリップを開発して大もうけをしようとか、

珍しいチューリップの球根に大金を投じて値上がりを期待する、

花の観賞とはかけ離れたチューリップバブルの時代がありました。

身近な生物を、バブルを起こすのです。

今、メダカがバブルを起こしかけています。

1ペアが10万円もするメダカの取引が起きています。

**

国際会館の前には、

綺麗な花が咲いている木がありました。ハナミズキです。

2011年の春は、なかなかその主役を初夏に譲りません。

いつまでも、肌寒い気温が続いています。

**

しかし、季節は確実に変化し、あとわずかで5月になれば、

フラワーロードに咲く花も、サツキの花に替わってきます。

花言葉 関連記事 アーカイブ

2011年4月26日(火)