美味しい紅茶は旧イギリス植民地から Uf-fuの紅茶 祇園 さゝ木のパウンドケーキ

投稿No:9392

Uf-fu

Uf-fu(ウーフ)は2002年、兵庫県芦屋市創業の

小さな紅茶インポーターです。

インド、スリランカ、台湾、ネパールなどから

厳選した茶葉を販売しています。

オーナーが現地に足を運び、茶園をめぐり、

実際に味を確かめたうえで

茶葉をセレクトしているお店だそうです。

 

紅茶の本場は 旧イギリスの植民地

私は、スリランカの御茶畑を訪れことがあります。

山の斜面を切り開き、段々畑の茶畑でした。

日本の棚田のようでした。

インドでは、インドの街角で、紅茶を飲みながら

会話を楽しんでいる人達を見ました。

インド巡礼記

整ったカフェーではなくて、

道端にテーブルと椅子を置いただけのカフェで

地元の紅茶を飲みながら,笑談していました。

マレーシアでも、お茶畑をみました。

ティーハウスで、紅茶をいただきます。

ティーハウスのなかでは、

生産された紅茶などの販売も行っています。

紅茶には、底の方にこの地方特産の蜂蜜が沈んでいて、

ハニーティーといいます。

よく混ぜて飲んでみると、かなり甘い紅茶でした。

これは、15リンギットで、約450円です。

丘陵地には紅茶畑が一面に広がり、

この気温を利用して、

イギリス人好みの紅茶の栽培が、行われていました。

紅茶の開発にはイギリスの文化があったようです。

これから飲む紅茶は、

ダージリン リッシーハット茶園 2020セカンドフラッシュです。

ピュアチャイナの茶樹を使用した奥深い紅茶です。

ティーポットでの紅茶の淹れ方

1.やかんで水を沸かします

2.ポットをあたためて茶葉をいれます

3.空気をたくさん入れた状態の熱湯をポットに入れます

4.好みに合わせてお好みの濃さでカップに抽出して完成です

レモンを添えてレモンティーを楽しみました。

紅茶と一緒にいただくのは 「祇園 さゝ木 パウンドケーキ」

私は、甘いものは苦手ですが、

奥さんは甘いものが大好きです。

奥さんが紅茶と一緒にいただくのは 

「祇園 さゝ木 パウンドケーキ」です。

祇園 さゝ木

古都の風情漂う八坂通りの一角にある、

京都で最も予約が取れない店として

その名を轟かせる京割烹店です。

2010年版より連続ミシュランガイド二つ星、

2020年版には三つ星に輝く名店です。

そのお店のランチコースのデザートとしても

提供されているパウンドケーキは、

しっとり、ふんわりとした焼き上がりが自慢です。

ふんわりしっとりとした焼き上がりで

とても美味しそうです。

芍薬

おいしい紅茶とパウンドケーキをいただき、

家にはとても綺麗な芍薬を生けました。

芍薬は、「立てば芍薬、座れば牡丹、

歩く姿は百合の花」という

美人を例えることわざで有名で、

その美しい花と香りでたくさんの人に愛されてきました。

きれいなお花を眺めていると、

不思議と気分が落ち着き、心が癒されます。

紅茶 関連記事 アーカイブ

2022年6月14日(火)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください