ブルーベリーヒル淡路 農場見学 淡路景観園芸学校 受講記(42)

投稿No:9053

観光農園 ブルーベリーヒル淡路 見学 ブルーベリー園 淡路景観園芸学校 受講記(42)

景観園芸学校の近くにブルーベリーを本格的に栽培している

ブルーベリー農園があります。

ブルーベリーヒル淡路です。

▶ホームページはコチラ

今日は雨が降っていますが、

学校のバスに乗ってブルーベリー農園の見学に行きました。

ブルーベリー農園のオーナーは、林田 雅行さんです。

林田さんは、北海道大学で博士号を所得した

研究者でもあります。

2018年に一念発起し、勤めていた会社を退職し

2019年1月に淡路市の常盤で農家から農地を借りて

2020年夏開園ブを目指し、ブルーベリー農園を開設したそうです。

林田さんは農業の経験は全くありませんでした。

ではどうやってブルーベリー農園は経営できるのでしょうか?

雨の中で景観園芸学校の生徒たちは林田社長の

お話を耳を澄ませて聞いています。

ブルーベリーを販売するために育てるには

これをサポートしてくれる商社があるそうです。

観光農園ブルーベリーヒル淡路

9800平方メートルの敷地に

36品種約1000本が植えられています。

すべて鉢植えです。

鉢植えにした理由は、すべての土地の土地開発をしていたら

経費と時間が大変なのでブルーベリーの育成に適した土を鉢に入れて

育てる方法をとっています。

鳥からの害を防ぐため、敷地全体をネットで囲って

空からの攻撃に備えています。

これに加えてイノシシの侵入を防ぐために、

電気柵を設けています。

ブルーベリーヒル淡路について

営業期間:2021年6月4日~8月下旬。

定休日:水曜日

入園料:中学生以上2000円。

小学生1500円。

4歳以上幼児1000円

3歳以下は無料

受付時間:10:00-15:00 

電話番号:090-3788-3971

完全予約制になっています。

事前に予約が必要です。

私から質問をしました。

ブルーベリーの観光農園の初期投資に対して

回収できる時期はどのくらいを予定しているのでしょうか?

これに対して林田さんは5~6年を予定しているそうです。

昨年と今年はコロナの影響で、

観光農園を訪れるお客さんは期待以下でしたが

それでも昨年は300人、

今年は7月初めで400人の来園があったそうです。

ブルーベリー観光農園の特徴

メリット:イチゴと比較して栽培が容易

  • 開園期間が6月末~8月末で夏休みと重なること。
  • お客様による摘み取りのため、収穫・出荷の労働時間が削減できる。
  • 入園料収入が大きい。
  • ブルーベリー観光農園の競合が少ない。
  • 潜在的マーケットが大きい。

デメリット:集客が必要。

  • ブルーベリー狩りはマイナー。
  • 季節が暑い
  • 夏休みはその他イベントが多い。
  • 設備投資の負担が大きい。
  • 駐車場・レストランスペース・トイレなど敷地が必要。
  • 育成期間が長く定植後、一年半ほど収穫時期がかかる。

 

 

 

淡路景観園芸学校 関連記事 アーカイブ

2021年7月8日(木)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください