社長の感謝の表し方 社員の皆さんへ収穫した夏野菜をプレゼント 皆さん大喜びです

投稿No:9052

社長さんの感謝の表し方 夏野菜を収穫し、社員の皆さんにプレゼントしました。

社長の感謝の表し方

家庭菜園は、4月の下旬ごろから始まります。

畑を耕して、肥料を施し、

マルチシートをかけて、夏野菜の苗を植えました。

気温が上がってくると、どんどん野菜は成長します。

しかし、雑草も成長するので、草抜きが大変です。

家庭菜園では、ナス キュウリ トマトなどの

夏野菜を育てています。

一生懸命に育てた野菜が無事収穫出来ました。

今年もきゅうり、なす、トマト、ゴーヤなどが収穫できています。

収穫したばかりの野菜は、みずみずしくて、とても新鮮です。

これなら、会社へ持って行って、社員の皆さんへ

日頃の仕事のお礼に、分配しようと思いました。

きれいなトマトもたくさん収穫出来ました。

収穫した野菜を会社へ

毎日の採れたての野菜を、

社員の皆さんにお配りするためです。

 

こちらはその日の朝に採れたトマト、なす、ピーマンです。

会社に置いてある発砲スチロールの箱に保冷剤を入れて、

終業後に皆さんに持って帰っていただきます。

 

 

「残さないように必ずお持ち帰りください」

とメッセージを書いています。

新鮮なお野菜を皆さんに食べてもらいたいからです。

この日の朝はなすびときゅうりがたくさん採れました。

社員ひとりひとりに行き渡るようにビニール袋に入れて、

保冷剤を入れた箱に保管します。

旬の野菜はとても健康に良いです。

野菜は、旬の時期が一番栄養価が高くて、

その時期の身体に必要な栄養素が詰まっています。

冬にも夏野菜の収穫はできますが、

栄養価は旬の時期のほうが高いようです。

なので、今この時期に夏野菜を食べるのは理にかなっているのです。

夏野菜には水分やカリウムを豊富に含んでいるものが多く、

身体にこもった熱をクールダウンしてくれます。

トマトやキュウリなど生で食べられるものも多いので、

夏に不足しがちな栄養素を補給できて、夏バテ防止につながります。

キュウリは、汗をかいて不足しがちな

水分とカリウムが多く含まれています。

キュウリにはビタミンCを壊してしまう酵素が含まれていますが、

酢にその酵素の働きを抑える作用があるので、

酢の物で食べれば、効率よくビタミンCも取れます。

先日皆さんにお配りした

「手造りこだわり酢 酢の物用酢」が活躍しそうです。ブログはこちら

このお酢は、かけるだけで美味しい酢の物ができるので、

スタッフの皆さんに大変喜ばれました。

なすは、低カロリーで抗酸化作用などもありますので、

ダイエットには良いようです。

「秋茄子は嫁に食わすな」と言うことわざがありますが、

秋ナスが嫁に食わすには勿体ない位美味しいからという説の他に、

ナスには身体を冷やす効果があるから、

嫁の身体を思い、冷やさないように食べさせるな…という説もあるようです。

私が家庭菜園で育てた野菜はスタッフの皆さんに大好評で、

さっそくその日に調理し美味しかったです

との声もたくさんいただいています。

社員へプレゼント 関連記事 アーカイブ

 

2021年7月13日(火)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください