パソナが淡路市から格安で買った土地、淡路シェフガーデン 2021年4月29日オープン

投稿No:8975

パソナが淡路市から格安で買った土地、パソナが家主の淡路シェフガーデン 2021年4月29日オープン パソナの運営 淡路シェフガーデン オープン

パソナが家主の 淡路シェフガーデン オープン

屋外型レストラン『淡路シェフガーデン』オープンしたので、行ってきました。

パソナが淡路市に展開するお店は、ここは、9施設目です。

淡路市は、パソナに手厚いので、

パソナアイランドと呼ばれています。

国道28号線に沿って、淡路警察署、岩屋中学校の近くです。

海辺を埋め立てた場所なので、

すぐ前に明石海峡大橋が見える絶景地です。

淡路シェフガーデンの問題点 

①. 海辺なので、海からの風が強い。

  風を遮るものが無いので強い潮風です。

  夏は心地よく、冬は寒風にあたります。

淡路シェフガーデンのコンセプトはテラスなので、

テラス風に景観をつくっていますが、まだ、芝生や植木は育っていません。

②.敷地はおよそ6,000坪ほどあり、

  広い駐車場は未舗装なので、土ほこりがひどい

  ロープで簡単に、車の仕切りをつくっています。

③. 店舗は博覧会のパビリオンのようで、仮設店舗みたい

  仮設店舗の集合で、震災時の屋台村のようです。

  急な雨が降れば、雨宿りできる庇のある施設はありません。

④. 雨の日、道が泥濘、強風の日は、傘は飛びそう 

  快適さはお天気次第です。

  雨の日は地面は泥濘ができそうです。

  傘は、風で飛ばされそうです。

⑤.お店の料理の単価が高い

   観光地価格なので、常設店舗の値段と比べると、高く感じます。

   都市の地下街にある、飲食街と比べ、かなりの観光地価格です。

⑥. 28号線の交通量が多く、対向車待ちで、

  車の出入りで休日には、大渋滞が起きそうです。

  28号線は、普段から交通量が多く、反対車線から入ってくるのも

  反対車線へ出ていくのも、車の列が途絶えるまで、待たなければ

  対向車と衝突すれば、大きな事故になりそうです。

車が途絶えるのを待ってしか、入れません。

交通信号機の必要がありますが、信号機を付けると、

空いてる日でも、信号待ちの停滞が起きそうです。

淡路シェフガーデンの良い点

①. 淡路インターから近くて、交通の利便性が良い

  インターからは、洲本方面に向かえば、5分程度の至近距離です。

 

②. お店が沢山あって、料理のバラエティーに富んでいる、

  和食、中華、洋食、ラーメン、カレーなど、好きなものが食べられます。

  街の食堂街のようです。

③. 明石海峡大橋が見えて景色が良い、夏の夕方には向いている

  明石海峡大橋と大阪湾が広がって見えます。

  神戸の街は対面に見えます。

  淡路市の花火大会の日は、満車になりそうです。

④. 駐車場が広く、無料駐車できる

  国道28号線から進入したり、ガーデンから出ることは、大変です。

  敷地は広いので、相当数の駐車が出来ます。

  駐車料金は無料です。

  

  混雑する日は、車の誘導係が必要です。

⑤.テナントには、流行らなければ、撤退が簡単そう

  コンテナハウスの利用なのでパソナも、テナントも、撤退は簡単です。

  事業主のパソナは、恒久的な施設づくりをしていないので

  撤退は、簡単そうです。

  パソナの旧名称、テンポラリーの名前を思い出すような、施設づくりです。

  

パソナの淡路シェフガーデン 淡路市より6,000坪を2億2千万円で買収

淡路市のHPで、淡路市岩屋2942番地の、売買契約書が閲覧できます。

土地売買契約 淡路市とパソナとの契約書

契約日 2018年8月17日

土地  淡路市岩屋2942番地31 18,985 m2

    同上   2942番地40  655  ⅿ2

    合計   19,641m2(5,951坪)

   売買金額  2億2000万円 (坪当たり36,968円)

淡路シェフガーデンと鵜崎団地 近隣土地価格 比較

国道28号線を挟んだ、向かい側の造成地は、鵜崎団地として

淡路市が開発して、市民へ販売しています。

これも淡路市のHPで、販売条件が閲覧できます。

鵜崎台団地広域図

【販売区画について】

■区画番号11(商談中)
面積 171.03平方メートル
単価 27,200円/平方メートル 89,760円/坪単価
販売価格 4,652,000円

■区画番号13
面積 170.77平方メートル
単価 26,700円/平方メートル   88,110円/坪単価
販売価格 4,560,000円

■区画番号14
面積 170.69平方メートル
単価 27,200円/平方メートル 89,760円/坪単価
販売価格 4,643,000円

同じ淡路市が価格設定した、近隣価格を比べると

鵜崎団地は、坪当たり約9万円に対して、

パソナは、坪当たり3.7万円で、

一般市民とは5万3千円の価格差がありました。

パソナが シェフ募集中 

​淡路島で期間限定のお店を持ちませんか?

パソナは、1年の有限期間で、出店希望のシェフを募集しています。

条件は、パソナのHPで閲覧できます。

募集店舗:50店舗(2021年春 飲食施設を15店舗オープン予定)

募集開始:2020年12月24日

対象:新型コロナウイルスの影響により閉店・営業縮小した飲食施設のシェフ

募集選考:書類選考、面接などにより決定

店舗利用料:99,000円/月

※上記に店舗賃貸料、基本的な調理機材を含む

※光熱費は実費負担

契約: 1年更新(その後、双方の確認による更新)

流行らない店は、1年で撤退を余儀なくされそうです。

神戸三宮の地下街、さんちかに麺ロードがあります。

麺ロードも、売り上げが最下位の場合、店舗の撤退を求められ

あらたな、人気店と出店の交代になります。

淡路シェフガーデン 出店者の特典

① 一部食材はパソナグループの共同調達によりコストを抑えることが可能

② 山下春幸シェフ、奥田政行シェフによる運営コンサルティングを提供

​③ 淡路島へ移住するシェフには社員寮を提供

 社員寮からの店舗への循環バスあり

 出典 パソナHP シェフ募集中より

淡路シェフガーデンの店舗

  • 親子丼 鼓道

  • 塩ラーメン専門 龍旗信

  • スパイスカレー スパイスボックス ナラムマサラ

  • 中国料理 中国菜なべ屋

この他、次のお店がシェフガーデンに出店していました。

淡路シェフガーデン まだまだ準備中

急ごしらえのようで、テラス風にするための、

これから植える、植木の搬入が見えました。

ブーゲンビリアは、南国の植物です。

これから、夏に向かって、気温が上がるときはいいのですが、

冬になって、気温が下がれば、潮風の寒さにブーゲンビリアは

絶えられなくなって、枯れると思います。

すでに、花が咲いたブーゲンビリアを、そこかしこに植えています。

冬に寒さは、どうするのでしょうか?

長期的な施設育成を考えると、冬対策も必要です。

設備の方も、準備中でした。

駐車場には、泊まり込みの出来る、トレーラーハウスが

何台も、駐車しているので、

多分工事関係者の宿泊用だと思います。

淡路シェフガーデン 6千坪は広い

海岸を埋め立てた、埋立地は広く、殺風景です。

表土は埋め立てに使った、荒土のままです。

風が吹くたびに、白い土ほこりが舞い上がっています。

2万平方メートル、6千坪は広いスペースです。

ほとんどの表土は、土のままで、舗装はされていません。

駐車場なら、撤退時の処分の経費は安くできます。

撤退時の、先まで、読んでいるのでしょうか?

空き地のままだと、雑草が生えますが、

車の出入りがあれば、雑草は生えにくくなります。

敷地の端に行くほど、粗野なままです。

端から見ても、6千坪は広いです。

パソナ 関連記事 アーカイブ

2021年4月27日(火)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください