一度食べたら好きになる パッションフルーツゼリー 仕事の疲れを癒すように 社員の皆さんに用意しました

投稿No:8907

一度食べたら好きになる パッションフルーツゼリー 仕事の疲れを癒すように 社員の皆さんに用意しました 仕事の疲れを癒す ゼリー

一度食べたら好きになる パッションフルーツゼリー 

一度食べたら、好きになると言われている、

パッションフルーツゼリーです。

パッションフルーツゼリーを賞味していただくと、

ほとんどの方が、初めて食べました、と言われます。

美味しさに感動して、一度食べたら好きになります。

これを、皆さんに用意しました。

買ってきたのではなく、フルーツとゼリーは

自家製、ホームメイドなのです。

一度食べたら好きになる ゼリー

先日500個ほど収穫したパッションフルーツをせっせと追熟させ、

ゼリー作りに励みました。

↓前回の収穫時の様子はコチラ↓

パッションフルーツ 冬枯れの中の大量収穫 温室で追熟してゼリーを作ります ③

追熟した実から、さらに良く熟れた実を選んで水洗いし、

奥さんと一緒にゼリー作りの下準備をしていきます。

収穫した実を追熟させるとしわしわになります。

見た目は悪いですが、このしわしわが、

甘くなっている証拠です。

今年は50周年とメガネ店20周年のアニバーサリーイヤーなので、

毎日イベントを行って、お客様をお迎えしています。

コロナ禍の中、毎日頑張ってくれているスタッフの皆さんに、

一度食べたら好きになり、仕事の疲れを癒してくれる

パッションフルーツゼリーを作りました。

これまでにも、スタッフの皆さんに差し入れしてきました。

パッションフルーツの実で作ったゼリーです。仕事の疲れを癒してください。

いつものように、社長の私からのコメントを書きました。

淡路の自宅で育てたパッションフルーツの実で作ったゼリーです。

仕事の疲れを癒してください。

社長

一度食べたら好きになる  パッションフルーツゼリー 奥さんと一緒にせっせと作りました

パッションフルーツゼリーを作るときに、

中身をくり抜いて種からジュースを

取り出す作業が最も大変だと、先日の記事に書きました。

スタッフの皆さんに行き渡るように作るには、

50個以上の実をくり抜く作業が必要です。

一度食べたら、好きになる味なので、

買ってでも食べたいと言われます。

大変な作業ですが、この時期はどこのパティスリーでも買うことのできない、

レアなパッションフルーツゼリーを是非皆さんに食べてもらおうと、

奥さんも私も、力が入りました。

たくさんのゼリーを抱えて持って行けないので、

宅急便で会社へ送りました。

崩れないように発泡スチロールの容器に詰めて、

しっかり保冷して送りました。

会社で開封すると、

壊れたり崩れたりせずにちゃんと届いていました。

仕事の疲れを癒してもらおうと、

スタッフの皆さんに食べてもらいました。

思いがけない南国フルーツのゼリーに、

皆さん思わず、顔がほころんでいました。

仕事の疲れを癒すには、格好のデザートだったようです。

コロナで、気分の滅入りやすいこんな状況だからこそ、

スタッフの皆さんに笑顔になってもらって、

その笑顔をさらにお客様へ広げてほしい、という思いから

差し入れしましたが、その通りになったようで

私も奥さんも嬉しい気持ちになりました。

パッションフルーツゼリー 関連記事 アーカイブ

周年祭 関連記事 アーカイブ

2021年2月18日(木)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください