明石海峡大橋を通過する大型船舶 LNG(液化天然ガス)船 “LNG MARS”

投稿No:8889

明石海峡大橋を通過する大型船舶 LNG(液化天然ガス)船 “LNG MARS” 液化天然ガス(LNG)とは?

明石海峡大橋を通過する大型船舶 LNG(液化天然ガス)船 “LNG MARS”

明石海峡はとても狭い海峡で、

そこを1日に700~800隻の船が航行するのですから、

渋滞しているように見えても不思議ではありません。

それぞれの船は事故の無いよう細心の注意を払い、その操舵には

高い技術が求められます。

こちらがヒヤリとするほど近くをすれ違う船を見ることもあり、

簡単に曲がったり避けたりができない船の操縦は、

とても難しいだろうと思いました。

大阪湾海上交通センター 明石海峡航路

大阪湾海上交通センター 明石海峡航路へアクセスすると、

大型船入航予定情報 – 明石海峡航路が閲覧できます。

大型船に関心があれば、船名と、どれ位トン数の、どんな船が、

何時頃、明石海峡を通過するかが分かります。

ほぼ正確なので、感心しました。

今回、目を惹いたのは、138,000 トンの大きなLNG船です。

液化天然ガス(Liquified Natural Gas=LNG)とは、

気体である天然ガスを冷却することで液体化したものです。

天然ガスは、動物や植物の死骸が非常に長い年月をかけて

分解されることで生成されたものと考えられています。

世界中に豊富に存在するため、

安定供給可能なエネルギー源として注目されています。

天然ガスはマイナス162℃程度にまで冷却すると液体になり、

気体の状態に比べて体積が600分の1にまで減るという特徴があります。

このため、LNGは天然ガスの大量輸送・貯蔵に大変適していると言えます。

LNG輸入の重要性

日本におけるLNGの輸入は1969年から開始されましたが、

当初の国内エネルギー供給に占める割合は1%に過ぎませんでした。

しかし以後は急激に増え続け、

今では石油(42.9%)に次ぐ石炭(25.0%)に匹敵する

24.2%を占めるまでになりました。

2012年のLPGの輸入全量は8,687万トン。

全供給量の97.2%に当たります(国産天然ガスは253万トン、2.8%)。

とりわけ、東日本大震災で

原子力発電によるエネルギー供給の割合が

11.3%(2010年)から0.4%(2013年)にまで縮小されたことから、

LNGの重要性はさらに高まっていると言えます。

液化天然ガスの用途

輸入量の7割近く(68.2%)が火力発電所の燃料として

電力用に使用されており、

のこる3割強(31.8%)が都市ガス用として使われています。

日本向けのLNG輸入価格は、原油価格に連動していますが、

原油価格変動の影響を緩和するための調整システムを織り込んだ価格フォーミュラを導入し

ているため、原油に比べるとその変動が緩やかなものになっています。

とはいえ、常に原油価格に左右されていることには違いありません。

天然ガスの取引量

日本に輸入されているLNGは、

オーストラリアやマレーシア、ロシア、ブルネイ、インドネシアといった

アジア大洋州その他の地域からの輸入が約7割(71.4%)を占め、

カタールやオマーン、イエメンといった中東からの輸入が残る3割弱[28.6)%と、

石油に比べて中東への依存度が低いことも特徴です。

天然ガスの輸送手段はパイプラインで直接ガスを送る方法と、

天然ガスを液化してLNG(液化天然ガス)として、

巨大なタンカーで運ぶ方法があります。

日本は利用する天然ガスのほとんどを輸入に頼っており、

オーストラリアなどからLNGタンカーを使って運ばれてきます。

国内消費量の増加に伴い、輸入量はこの10年間で約1.2倍に増加しています。

世界のLNG取引の状況

世界のLNG貿易量(2018年)

世界のLNG輸入量の7割はアジアが占めています。

中でも日本は世界のLNG輸入量の

約4分の1を占める世界最大のLNG輸入国となっています。

出典:BP「Statistical Review of World Energy 2019」を基に作成

日本の天然ガス輸入量

日本のLNG輸入量は10年前に比べ大幅に増加しており

特にオーストラリアやカタールからの輸入が増加しています。

今後、シェールガス革命により生産の拡大している米国からの輸入など、

LNG調達先の多様化を図っていきます。

※数値は都市ガス用途以外も含みます。

※四捨五入のため、合計値があわない場合があります。

出典:財務省貿易統計 LNG

大阪ガス向けLNG船 “LNG MARS”と命名  2015年05月15日

LNG船 “LNG MARS”は、

株式会社商船三井と大阪ガスインターナショナルトランスポートが発注し、

三菱重工業長崎造船所で建造されました。

LNG MARS の概要

(1)全長 : 288.0m
(2)全幅 : 48.94m
(3)満水喫水 : 11.55m
(4)LNGタンク : モス独立球形ストレッチタンク方式(連続タンクカバー付)
(5)総トン数 : 138,000 トン
(6)タンク容量 : 約153,000m3(*)
(*)LNGタンク総容積155,000m3のうち実際にLNG積載が可能な容量
(7)主機関 : 再熱式蒸気タービン
(8)航海速力 : 19.5ノット
(9)建造造船所 : 三菱重工業長崎造船所
(10)船舶管理会社 : 商船三井

明石海峡大橋 関連記事 アーカイブ

2021年2月1日(月)