沖縄で台風の通過を待っています。強風で外に出られません。災害列島日本 第167回沖縄訪問(1)

投稿No:7882

第167回沖縄訪問(1)

第167回沖縄訪問です。

今回の沖縄訪問は、2度のキャンセルをして、
3回目の計画で沖縄に来ました。

一度目は、6月の恩納村前兼久のハーリーの時でした。

台風接近のため、ハーリーは順延となって、
そのため沖縄訪問は中止しました。

2度目の中止はは、奥さんの体調が原因でした。

3度目はキャンセルはしませんでしたが、
台風10号が歓迎をしてくれました。

台風10号が21日午前に沖縄本島に接近しています。

ホテルの部屋に掲げている、訪問を知らせる日章旗は、
南の強い風に煽られて、休む暇もなくはためいています。

昨夜20日から、気象庁は沖縄・奄美では21日の昼すぎにかけて
暴風や高波、大雨に警戒するよう呼び掛けています。

今回の台風10号は次第に沖縄本島から離れて北西に進み、
22日午前には、中国大陸に上陸する見込みです。

ホテルから見た風景です。

前兼久漁港では、すべての船が海から陸へ揚げられています。

港の中には、海に浮かんでいる船は全く見えません。

沖縄は台風が毎年のように襲ってくるので、
みなさん台風に対する防災が身についているようです。

港の船は、陸に揚げて避難できても、避難できないのは農作物です。

バナナの木、パパイアの木、ヤシの木のように、
高い枝は強風に当たると折れてしまいます。

ビニールハウスはひもで強化しても、
ビニールが飛んでしまうことがあります。

実った果物、野菜などは枝から落ちたり、
傷がついて商品価値がなくなってしまいます。

ニュースでは、沖縄と本島を結ぶほとんどの空の便が、
台風の影響で欠航になっています。

土曜、日曜を前にしているので観光、レジャー関係のお店には
キャンセルがあって痛手です。

また、海の便も同様に欠航が相次いでいます。

2018年は気温が高いので、海水温度が上昇して、
台風が発生しやすいのです。

海水温度の上昇は、今年だけの現象では終わらないかもしれません。

沖縄本島の沖縄県国頭村では、21日午前5時50分ごろに
最大瞬間風速24.8メートルを観測し、
鹿児島県・徳之島の同県天城町では、
午前9時15分までの1時間に43.5ミリの激しい雨が降りました。

日本は地震、台風、大雨などによる水害、山崩れ、津波、堤防決壊などで
本当に災害列島です。

2018年7月21日(土)


←前へ:第166回沖縄(18)

→次へ:第167回沖縄(2)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください