伊波城跡から、石川の町と石川の海が見えます。遠く恩納村も見えます。

伊波城跡から、石川の町と金武湾の石川の海が見えます。 第137回沖縄訪問(6)

ハブの出そうな、蒸し暑い伊波城跡に登ると、石川の町と石川の海が見えます。沖縄県立石川少年自然の家 も近くに見えます。

松田光正さんの頭の中には、沖縄の隅々の地理がインプットされていて、まるで人間ナビです。ありました、松葉亭です。場所は、石川の郵便局通りです。

どこに行くのか、分かりません。ハンドルは松田光正さんが握っているので、あなたまかせのドライブです。

 

次に案内してもらった所は、松田光正さんのお兄さんのお家です。家の前には、エンジェルトランペットが咲いています。

松田光正さんのお兄さんとは、以前に松田光正さんの案内で、お兄さんの畑でお会いしたことがあります。

屋上に上がってみると、石川の港が見えます。景色がよく見えました。近くのお家の屋根には、大きな水タンクが見えました。

沖縄のお家には貯水用の水タンクがど、この家にもあります。最近は、断水が少なくなりましたが、8年くらい前には、台風が来ないと渇水が続き、断水が起きていました。そのために、どのお家も断水に備えた水タンクを用意しています。

行政側としては渇水に備えて、あちらこちらで貯水用のダムを作っています。降った雨水を一旦ダムに溜めて、そこから浄水場に送り、濾過して家庭に給水しています。このような対策が効を奏して、近年は断水が止っています。

次に、この近くの伊波城跡に案内して貰いました。これから登っていきます。

沖縄県教育委員会の掲示板によれば、伊波グスクからは、2800年前からの貝殻、魚、イノシシなどの骨が、発掘されていて、この地域はかなり古くから住居地になっていた事が分かります。

近くに沖縄風の綺麗な屋根のお家があります。これはある新聞社の所有するお家のようです。

伊波城跡に登っていきます。
この時期は、湿気を含んだムンムンとした、雨上がりですから、夜はハブが出る条件が整っています。お昼は、石垣の中に潜んでいて、日の当たるところには出ません。

お昼にハブが出ると、自殺行為になるそうです。それは分かっていても、ハブの出そうな草むらに近づくと、なんだか体温に感知して飛びかかられそうで、あまり草深い所には行きたくありません。

伊波城の頂上部分に登ると、向こうの方まで景色が見えます。ヤンバルの方向を見ると、恩納村のホテルがいくつも見えました。

風が心地よく吹いています。頭上からは梅雨明けを思わせる、強い日差しが照りつけて、地上に降り注いだ雨を、水蒸気として蒸発させているようで、蒸し暑さを強く感じます。

金武湾を見ると、離島が連なっているように見えます。なかなかの絶景です。

市街地を見ると、道路や、車、お家がジオラマのように見えます。

伊波城の後は、伊波の地区にある、山城紅茶の栽培地へ向かっています。ガジュマルの大木を見ています。ガジュマルの大木が、幸運にも残ったのは、御嶽が有るところは、祖先を大事にするので森を残しています。

300年の年輪を重ねたガジュマルです。ほんの一部しか残っていませんが、残っていて良かったです、周りには亜熱帯の植物が育っています。

御嶽の周りは、沖縄では開発を控える風習があるので、ほんの僅かですがヤンバルの森が残っています。

松田光正さんが車を脇に止めて、御嶽のすぐ側に茂っているガジュマルの大木を見せてくれました。これは、以前にも来た事がある場所です。

これがパンの木ですよと、指さしてくれた方向を見ると、パンの木の花が咲き、小さな実が実り、少しずつ大きくなったパンの木の実も見えました。

沖縄の亜熱帯性植物の成長は、とても早くて、もし、一年でも耕作地を放置していれば、直ぐに草ボーボーになります。今、コンクリートに作り替えた自然も、10年、50年、100年放置すれば、コンクリートは崩れ、ヤンバルの自然の森が回復する可能性もあります。

身近なところで、一部でもヤンバルの森が残って、開発の前がこんな森だったんだと、想像が膨らんできます。

2012年6月22日(金)

コメントを残す