四国高松のメガネの宝生堂河田将之社長さんから顧客創りの基本をお聞きしました。

遠交近攻の戦術に基づいて、遠くのメガネの宝生堂さんと交流し、学び合いました。 四国高松のメガネの宝生堂の代表取締役の河田将之さんが、我が社を訪問してくれました。 我が社では、視力の回復を基本理念とし、... 

さんプラザ地下の一寸法師で、鯛の卵かけご飯を食べると、四国松山で食べた、村上水軍の鯛飯を思い出しました。

松山の鯛茶漬けも、三宮の一寸法師の鯛茶漬けも、実際は、お茶漬けでなく、出汁味で卵をかけて食べる、鯛茶漬けでした。 今日の一寸法師のメニューは、鯛づくし御膳です。 鯛づくし御膳は初めてなので、期待を持っ... 

四国八十八箇所巡りは、小松島市のめん処玉好で、おそばを食べてから始まります。

めん処玉好の定食には、大きなおはぎが付いています。このおはぎを食べたくて、朝ご飯を抜きにして、おはぎを頂く、善男善女が多いそうです。 徳島ツアー(1) 雪が溶けて、野道もスノータイヤがいらなくなったの... 

四国霊場第十六番目の観音寺には、仏足跡があります。合掌し、礼拝した手で自分の体の悪い箇所を撫でると、罰障を滅し、諸願を成就すると言われています。

ブッダの教えは、執着から離れるように、教えています。「蛇の毒が(身体のすみずみに)ひろがるのを薬で制するように、怒りが起こったのを制する修行者(比丘)は、この世とかの世とをともに捨て去る。 ― 蛇が脱... 

阿波の国、国分寺跡には、四国八十八カ所霊場 第十五番札の、阿波国分寺があります。

仏教に篤く帰依した聖武天皇(在位724〜49)は、天平13年に国家の安穏や五穀豊穣、政教一致、地方文化の向上などを祈って、勅命により全国68ヶ所に国分寺、国分尼寺を創建したと記されている通りです。 松...