小西一彦先生、安室憲一先生、大下昌宏さん、鴻雅行さん、江上豊彦さん、前俊雄さんをご招待して、松葉庵で炭火焼肉パーティーをしました。

2000年4月に神戸商大大学院に入学して、17年の歳月が経過しました。淡路島の松葉庵で、皆さんに感謝を込めて謝恩会をしました。

2000年4月に神戸商科大学大学院経営学研究科に入学して、経営学の研究を始めました。

その時、経営学研究の初歩の段階から指導を頂いたのが、ゼミの指導教授である小西一彦先生です。

ゼミの指導教授ではありませんでしたが、初心者の私にとって、多くの刺激を頂いたのは安室憲一先生です。安室憲一先生は、国際経営学の講義で指導を受けました。

小西一彦先生も、安室憲一先生も、経営学の指導を受けましたが、それ以上に人間学の指導を強く受けています。

人間学とは、充実した人生の生き方を学ぶことです。

一緒に学んだ同期生は、その後神戸を離れて、海外で生活している人や、他府県で活躍している人が何人も居ます。

同期生ではありませんが、小西先生が始めた勉強会で、一緒になって学んだ友人達です。

今日は、明石海峡大橋が見える「松葉庵」に皆さんをご招待して、神戸商大や兵庫県立大学の時代にいろいろと教えて頂いたり、刺激を頂いた事への感謝の気持ちを込めて、炭火焼肉パーティーを行います。

幸いお天気に恵まれ、快晴です。

こんなに日差しが強ければ、日に焼けるかな?と心配するくらいです。

集合予定時間は、お昼の12時です。

奧さんに手伝ってもらい、数日前から準備に取りかかっています。

今日の日から掲げた松葉庵の文字は、とても達筆です。

もちろん、私が書いたのではありません。

高名な方が書いた松葉庵の表札は、私の叔母から受け継いだものです。

この松葉庵を掲げると、玄関が引き締まって見えます。

お客様が来られる前に、3人で準備を始めました。

テーブルセットを芝生の庭に据えてみると、なんだかリゾートのような雰囲気になりました。

皆さんの好きな、松茸も用意しました。

お持ち帰り頂くお土産は、淡路産の玉ねぎ、焼き穴子、ちりめんです。

松茸は、お吸い物と、焼き松茸の二通りの方法で料理することになります。

お吸い物は奧さんが味付けをして、私が最終チェックをします。

松茸の香りを引き出す為に、シンプルに春菊と豆腐だけを具材に入れました。

6名のお客様が、二つのルートで来られます。

一つは、明石港からジェノバラインを利用して、岩屋港に到着するルートです。

明石港から岩屋港までは、海上を見ながら、わずか12分で到着です。

明石港を11時40分発のジェノバラインに乗って、小西一彦先生、安室憲一先生、大下昌宏さん、江上豊彦さんの4人が来られました。

岩屋港で出迎えの為に待っていると、すでに小西一彦先生は到着しておられました。

一つ早い便に乗って、明石港を出発されたそうです。

予定通りジェノバラインが岩屋港に入港してきました。

波もない穏やかな海上を、滑るようにゆっくりとジェノバラインは岸壁に接岸しました。

予定通り4名が岩屋港に到着しました。

安室憲一先生は、船で淡路に来たのは10年振りだということで、普段は明石海峡大橋を車で渡っているようです。

4人が揃うと、私の車で松葉庵までご案内します。

岩屋港に行っている間に、鴻雅行さんと、前俊雄さんの二人は、自家用車のルートで、松葉庵に到着していました。

炭火焼きで大切なのは、火加減です。

まずは炭火をおこして除除に炭を継ぎ足し、段々と火力を上げていきます。

難しいのは火力が弱すぎても焼けず、強すぎたら焦げてしまうことです。

今日の炭火焼きの焼き手は私です。

お肉は淡路牛です。

淡路牛と神戸牛は、元々の子牛は但馬牛です。

淡路で育っても、肉質によっては神戸牛として売られます。

淡路牛は、淡路ビーフ新谷で買ってきました。

当日間際まで参加人数が確定しなかったので、お肉の量をどのくらいにするか、迷いました。

今日の参加者の中で、江上豊彦さんと、前俊雄さんは、今でも博士号を目指して、兵庫県立大学の博士課程で研究を続けています。

冗談を言いながら、雰囲気が盛り上がるように、松葉博雄は炭火焼きを担当しています。

まずは、アルコールが入らなければ、皆さんの口はなめらかになりません。

ビールから始まり、今日手土産に持って来て頂いた、シャンパンを頂きました。

今日は小西一彦先生の誕生日なので、皆さんで誕生日のお祝いを申し上げました。

そろそろお肉から松茸に移ります。

焼き松茸も、焦げないように慎重に焼いています。

これまでのところ、淡路牛は好評です。

皆さん美味しい美味しいと言って、どんどん食は進んでいます。

冗談で、こんな美味しいお肉は、何年ぶりかとか、こんなに沢山焼肉を食べるのは、何年ぶりかとか、柔らかい会話が出るようになりました。

松茸のお吸い物に合わせて、私が焼いたのは、海鮮焼きそばです。

具材は、タコ、イカ、エビ、天かす、鰹節粉、紅ショウガなどを一緒に混ぜています。

厚手の鉄板で焼く海鮮焼きそばは、焼肉とはまた味わいが変わって、皆さんに好評です。

経営学の研究者が集まって団欒をしていれば、やはり会話は研究の話です。

江上豊彦さんは、ゼミで使うレジュメを用意してきていました。

皆さんにレジュメを配って、意見を聞いています。

博士論文につながるレジュメなので、とても高度な内容です。

鴻雅行さんと、前俊雄さんは、車の運転があるので、アルコールは飲めていません。

ずっと、缶入りのノンアルコールビールを片手に持って、いかにもアルコールを飲んでいるような雰囲気を出しています。

安室先生に、2004年10月に、安室先生の隠れ別荘、『わいがや荘』にご招待してもらいました。

大下昌宏さんも、ワイガヤ荘のことを鮮明に覚えているそうです。

あの頃は、夜を徹してでも、議論をする若い血潮が溢れていました。

またやりましょうかと、安室憲一先生が言われましたが、今の年代であの時の元気が残っているのでしょうか?

今日ご一緒したメンバーは、共通の記憶は、神戸商科大学での講義や研究会、そして学生へのマーケティング講座の思い出です。

思い出してみると、沢山のことがありました。

-2001年1月に、小西一彦先生と、一緒に創立したのは、神戸ベンチャー研究会です。

2004年8月には、小西一彦先生と、マーケティング特殊講座の打ち合わせをしました。

2005年5月には、小西一彦先生の退官記念感謝祭を行いました。

2007年3月には、安室憲一先生の還暦お祝いをしました。

2008年7月には、安室憲一先生のひょうご講座で、講座のお手伝いをしました。

2008年10月には、大阪倶楽部で、安室憲一先生の講演をお聞きしました。

2017年10日1(日)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です