MENU

阪神淡路大震災後、初めてのゴールデンウィークを淡路島で過ごす :阪神淡路大震災後105日目~111日目(№35)

 芥川龍之介の杜子春の書を、息子の誕生日のお祝いに添えて、渡しました。大震災の時には、富と貴は、儚いものでした。 震災復興の疲れは、腰痛を起こしました。腰痛で、歩けなくなり、緊急に整体の施術を受けまし... 

大震災の復興活動で、ついに心因性の糖尿病の診断が下りました。阪神淡路大震災後92日目~98日目(№33)

大震災では、被害の程度に格差があります。軽傷の競争企業は、重傷の競争企業に対して、執拗に攻撃をしかけています。 神戸の市場でメニコン製品を愛用する顧客に対して、どのように支援を行うのかについて、メニコ... 

大震災で傷ついた神戸に、新たな競争企業が進出を計画しているようです。:阪神淡路大震災後85日目~91日目(№32)

阪神大震災の後、崩壊した ライフラインの整備が、進んできています。 緊急救助活動は序々に終了し、これからは自力で復興していく時期に移っていきます。 「阪神淡路大震災直後のセンター街」   小... 
PAGE TOP