久米島の「バーデハウス久米島」、「久米島ウミガメ館」、「畳石」をまわった後は、「バーデハウス久米島」の隣の休憩所で、かき氷とビールで一服しました 第109回沖縄 恩納村訪問(14)

久米島の「バーデハウス久米島」、「久米島ウミガメ館」、「畳石」をまわった後は、「バーデハウス久米島」の隣の休憩所で、かき氷とビールで一服しました。
【沖縄の6月は梅雨時です。沖縄の雨は、時には激しく、雷を伴って大雨洪水警報が出るほど荒っぽい雨が降ります。梅雨空の合間を縫って、恩納村や久米島でマリンスポーツは出来るでしょうか? 第109回沖縄 恩納村訪問 その14】

イーフビーチの後は、奥武島(おうむじま)に渡ります。

奥武島

一応、離島になっていますが、橋がついています。ここには海洋深層水をくみ上げて、スパを使っている「バーデハウス久米島」があります。

奥武島

「久米島ウミガメ館」があります。

奥武島

以前に行ったことがあるので、有料でもあることから、外から見るだけにしました。

奥武島

沖縄県の天然記念物となっている「畳石」があります。

奥武島

亀の形をした不思議な岩が広がっていて、干潮時にだけ現われます。

奥武島

潮が引いているので、下りてみましょう。

奥武島

向こうの浜まで、歩いて行けます。

奥武島

とてもよく澄んだ、透明度の高い海の水が、「海に遊びにおいで」と誘っているように感じてしまいます。

奥武島

シュノーケリングの道具をつけて、フィンをバタバタしながら、沖の方に行ってみたいと思ってしまいます。

奥武島

潮が引くと、白い砂浜が出て、綺麗な砂地の広い広い砂浜が現われます。女性連れの2人の旅行者が、畳岩の間にできた潮が引いたときに出来る、タイドプールで何かを探しています。

奥武島

「何を探しているのですか?」と声を掛けて、尋ねてみると、「ハマグリを掘っているのです」と、話してくれました。でも、手元には、獲物は何も持っていないので、成果はないようです。

奥武島

ちょっと暑いので、そこいらで、一休みです。

奥武島

片山正喜さんは、かき氷が食べたいということで、松葉博雄は生ビールを飲みたいということで、お店に入ります。一服した後は、元気が出ました。

奥武島

この後、また島をグルグルまわります。

奥武島

以前、泊まったことのあるイーフビーチホテルです。イーフビーチホテルと東急ホテルの両方泊まったことがあります。

奥武島

あれからもう10年近く経っています。休暇があると、離島を巡って、あちらこちらをまわってみました。

奥武島

ホテルに泊まって、短い滞在期間の間に、観光ばかりしていましたが、最近では本島の恩納村にすっかり落ち着いてしまって、離島巡りをしばらくは休んでいました。

奥武島

しばらくぶりに離島をまわれば、離島は離島で沖縄らしい自然や風習、文化や人の優しさが残っています。

奥武島

昔らしい、沖縄らしい風習を感じるのも、沖縄旅行では新しい発見に繋がることになります。

片山正喜さんが運転してくれるので、景色を見ることも出来て、島をぐるぐるまわって、街に戻ってきました。

 

2009年6月10日(水)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください