恩納村の海:4月の恩納村の海は、満潮と干潮の差が大きく、干潮時には、普段姿が見えない珊瑚礁が浮き上がってきます。ここでは、逃げ遅れたタコや貝類が見つかります 第107回沖縄訪問(4)

恩納村の海です。4月の恩納村の海は、満潮と干潮の差が大きく、干潮時には、普段姿が見えない珊瑚礁が浮き上がってきます。ここでは、逃げ遅れたタコや貝類が見つかります。
【沖縄の一族の結束は、祖先礼拝にあります。毎年4月(旧暦・シーミー)には、門中が集まり、祖先を祀るお墓の前で一族の皆さんがお弁当を持ち寄って、一族の繁栄をお祈りします その4】

恩納村の海は、この時期普段姿が見えない珊瑚礁が浮き上がってきます。

ホテルより

今日のお天気は、晴れでスタートしています。朝、10時過ぎに起きて、冨着勝弘さんと一緒に海に行くと約束しているので、コンビニでお弁当を買って行きます。

ホテルより

今日の朝食は、ローソンで買った牛丼です。

朝日会

朝日会の芝生の上で、牛丼をゆっくり食べています。間もなく、冨着勝弘さんがやってきました。

朝日会

山城興善さんの「サンライズ号」で行くことになります。

冨着沖での潮干狩りへ

一緒に海に行くのは、石川満さんです。山城興善さんは、都合があって、来ていません。

冨着沖での潮干狩りへ

前兼久の隣の集落の冨着地区の二人のおばさんが、一緒に潮干狩りに行きたいということなので、冨着ビーチへ寄って、相乗りして一緒に行くことになりました。

冨着沖での潮干狩りへ

12時ごろ前兼久漁港を出発します。

冨着沖での潮干狩りへ

風もなく、波も穏やかです。

冨着沖での潮干狩りへ

ムーンビーチに沿ってゆっくりタイガービーチを通って、冨着ビーチに着きました。

冨着沖での潮干狩りへ

ムーンビーチの浜辺には、まだ観光客はあまり見当たりません。

冨着沖での潮干狩りへ

5月の連休になるまで、ちょっと暇そうです。

冨着沖での潮干狩りへ

「フチャクリゾート沖縄コンド・ホテルズ」は、しばらく建設がストップしていましたが、また工事が再開されているそうです。

冨着沖での潮干狩りへ

4月の恩納村の海は、潮の満ち引きの差が大きく、干潮の時には、普段、波に沈んだ珊瑚礁が、波の上に現れてきます。

冨着沖での潮干狩りへ

そこで、潮干狩りをすれば、逃げ遅れたタコや、貝類をゲットすることが出来ます。松葉博雄と冨着勝弘さん、石川満さんの3人は、シュノーケリングで貝拾いをします。

おばさん二人は、冨着ビーチ沖の潮が引いたリーフに上がります。さて、どちらがたくさん獲れるか、3時間後に結果が出ます。

 

2009年4月10日(金)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください