貝でランプ:貝殻細工のお店で、綺麗な貝のランプが売られていました。 第100回沖縄訪問(8)

【貝でランプ:貝殻細工のお店で綺麗な貝のランプが販売されていました。お店の方に勧められましたが、松葉博雄は、椰子の実のサイズの椰子貝を買いました。第100回沖縄訪問は、台風13号の迷走とアメリカの金融不安による株式大暴落が旅行中に起きました その8】

貝のランプを見つけました。貝殻細工のお店で、綺麗な貝のランプが売られていました。貝殻細工の美しさには、心が洗われます。

片山正喜さんのお家で炭火焼き肉をした後は、玉城常司さん、藤井さんも一緒に、石川の街にある貝細工のお店に行くことになりました。

藤井さんは、貝細工の趣味があるので、いいものを見つけたいという気持ちがあります。

貝細工のお店

砂浜で拾ってきた物を磨いて、加工するようです。最近は良い貝が少ないので、たぶん輸入品の貝も混ざっていると思います。

貝細工のお店

夜光貝を磨いて、ランプを取り付けた物も売っています。市場価格は、だいたい1万円ぐらいでしょうか。 それを、「うんと安くするから、買いませんか?」というお誘いがありました。

貝細工のお店

松葉博雄は、ヤシ貝という椰子の実に似た貝をひとつ買いました。大きな貝です。特別に安くしてもらいました。椰子の実ぐらいの貝で、1000円です。

貝細工のお店

貝を売っているお店は、もう30年以上、貝細工を趣味でやっているそうです。

特にお店らしい構えをしていませんが、道路に面したところで仕事をしていると、皆さんが「あそこは貝を売っているんだ」ということで、看板をあげなくても、お客様が来るそうです。

家の周りには、綺麗な合歓の木の花が咲いています。

貝を買った後は、もう一度、ホテルに帰りました。ホテルでは,台風が近づいているからか、ツバメが避難して、風が当たらないところで休憩していました。

金城家で焼き肉

夜は、金城正則さんのところで、焼き肉です。さすがにお昼に焼き肉を食べた後なので、食べられません。松葉博雄は、お肉を焼く係です。

金城家で焼き肉

皆さん、お腹いっぱいなるまで食べてもらいました。

この後、気になるのは、台風のニュースです。ホテルに帰って、テレビを見ながら、台風の進路をチェックしています。

金城家で焼き肉

どうやら沖縄を通って、奄美諸島を通って、九州の方に行くような様子です。

金城家で焼き肉

これと合わせて、テレビ報道では、リーマン・ブラザーズのニュースが出ています。さらに、次に巨大保険会社AIGも、先行きがどうなるのかという、不安視する予想が出ています。

 

2008年9月16日(火)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください