名護の備瀬の美観地区、フク木並木通りを散策した後は、「お多福」で札幌ラーメンとすすきのの辛子明太子を頂きました 第95回沖縄訪問(16)

名護の備瀬の美観地区、フク木並木通りを散策した後は、「お多福」で札幌ラーメンとすすきのの辛子明太子を頂きました。
【第95回沖縄訪問は、晴天に恵まれましたが、カーナビに振り回されました その16】

ペンションを後にして、備瀬のフク木並木通りを散策しています。

備瀬のフク木並木通り

この辺りは、美観地区に指定され、昔の沖縄の雰囲気が残っています。しばらく矢印の順序に沿って歩いてみました。

備瀬のフク木並木通り

何度も来たことがありますが、沖縄らしい静けさが残っています。風の音が聞こえるほど、静かな所です。

備瀬のフク木並木通り

フクギの隙間からは、こぼれ陽が所々、道を照りつけています。隙間からは、沖縄の瓦を使った平屋建ての民家が見えます。

備瀬のフク木並木通り

フクギの葉は、風に吹かれると、パラパラと道に散らばるように落ちてきます。それを熊手でかき集め、落ち葉でいっぱいの道を清掃している主婦の姿が見えました。

備瀬のフク木並木通り

いつも綺麗に美観地区を守るには、地域の人のたゆまない清掃があってこそと感心しました。

備瀬のフク木並木通り

フクギ並木を散策した後は、いったん449号線に戻り、お昼は、ペンションのオーナーに紹介を受けた、食事処「お多福」に寄りました。

食事処「お多福」

「お多福」では、ラーメンとハンバーグ定食を頂きました。

食事処「お多福」

「お多福」の女将さんの鈴木道子さんは、北海道出身ということで、今、札幌から麺や食材を取り寄せているそうです。

食事処「お多福」

食事処「お多福」

味噌汁も美味しかったです。

食事処「お多福」

ラーメンも美味しかったです。沖縄の明太子の「お多福」は、商標登録されています。

食事処「お多福」

夕食は、5時からですが、夕食は予約のみとなっています。こちらで、食べるときには予約が必要です。

食事処「お多福」

「お多福」の従業員の皆さんは、元気がいいです。女将さんの鈴木道子さんも、元気がいいです。

食事処「お多福」

沖縄では、ラーメンの文化があまり育っていません。

食事処「お多福」

ここ、「お多福」では、北海道から毎週、北海道のラーメン用の麺を取り寄せて、北海道ラーメンの味を沖縄で作っています。なかなか美味しい味でした。

食事処「お多福」

ペンションのオーナーさんが推薦してくれたおかげで、味も良くて、美味しいお食事を頂きました。

食事処「お多福」

北海道すすきのの辛子明太子が、沖縄で食べられるとは、予想していませんでした。辛党の松葉博雄には、嬉しいメニューでした。

 

2008年2月25日(月)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください