ムーンビーチと冨着ビーチで、貝獲りをして、獲れたシャコ貝を刺身にして、船の上で頂きます 第90回沖縄訪問(3)

ムーンビーチと冨着ビーチで、貝獲りをして、獲れたシャコ貝を刺身にして、船の上で頂きます。

【沖縄恩納村の季節の行事を追って、9月の観月会 その3】

秋分の日です。前兼久の朝は、晴れです。

金城家で朝ご飯をご馳走になった後、朝日会に行ってみます。

今日は祝日のお休みなので、皆さん、くつろいでいます。

朝日会

前回、ご一緒させていただいた、左官の登川敏さんも来ています。當山正晃さんもいます。高校3年生の少年もいます。

朝日会

今日は、當山正晃さんの船で、朝日会の皆さんとムーンビーチの海で、魚釣りとシュノーケリングに連れて行ってもらいました。

朝日会

空は青く、椰子の木は風にそよいでいます。登川敏さんは、朝早く、海で獲って来た貝を捌いて、身を取り出して、刺身を作ってくれました。

朝日会

松葉博雄は、泳ぐ前なので、お刺身を食べても、ビールを頂きませんでした。もし、海で事故があったら、大変だからです。

朝日会

朝日会の前ではダイビング客が、ダイビングスーツの格好で、闊歩しています。

朝日会

11時を過ぎたころ、當山正晃さんの船で、魚釣りに海に出掛けます。

冨着ビーチへ

真夏のように暑い日差しで、とても9月23日とは思えないほどの日差しです。

冨着ビーチへ

港を出て向かう先は、冨着ビーチの方です。一度、アンカーを降ろして、海に入ってみます。海に入ると、世界が変わってきます。

まず、目の前に現れたのは、フワフワとしたクラゲです。落下傘でゆっくり空に浮いているような感じです。近づくと、刺されるので、遠くから見るだけです。

ムーンビーチの海底の珊瑚は、昔は極彩色のような、綺麗な海だったそうです。

今、現実の海底には、枝珊瑚の死骸が、まるで骨のように、散らばっています。

周りとの違いに気が付くと、砂地に潜っている貝が見つかります。

貝を探して、拾ってくるように言われていますが、松葉博雄は写真を撮ることに夢中で、貝探しを適当にやっています。

ウニの殻を、何倍か拡大したような形の、綺麗な殻を見つけ、手にとって近くで見てみると、表面には、たくさんの触手が付いています。

ちょっとがんばって探してみると、イソギンチャクとクマノミの共生セットが見つかりました。

さらによく見ると、幼い、細い、小さい枝珊瑚の芽が見つかりました。

なんとか自然環境を良くすれば、恩納村冨着ビーチにも、珊瑚が復活するかもしれません。

船に上がってみると、船では、金城正浩さんが釣った魚を捌いて、お刺身にして、ビールで酒盛りです。

シャコ貝も獲れたので、これも刺身にして頂きます。

シュノーケルで、貝を探した人は、あまり獲物が見つからないので、場所をまた替えます。今度は、サンマリーナホテルの辺りです。

ここでもあまり獲れませんでした。次に、冨着ビーチに方に行きますが、ここでもいろいろ魚を見てきました。

諦めて、皆さんは船に上がり、獲れた貝と釣った魚でビールを頂くことにしました。

獲れたての魚と貝は、塩水をかけて食べると、甘みが口に広がります。

お昼を少し周って、前兼久魚港に戻り、朝日会で、シャコ貝を刺身で頂くことにします。

シャコ貝は、硬く貝を閉じていますが、料理方法があり、裏からちょっと工夫すれば、硬く閉ざしていた貝が開きます。

シャコ貝は、海でプランクトンを獲るときに、エンガワの部分を広げて、波に揺れています。

人が近づくと、すぐに警戒して、殻に閉じこもってしまいます。大きなシャコ貝に、手を入れて、挟まれると、手は抜けません。

決して、手を出してはいけないと言われています。刺身にするときは、肝も美味しいのですが、エンガワの部分は、コリコリして、たまりません。

陸に上がったので、安心して、ビールを頂いています。

 

2007年9月23日(日)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください