「くえーぶう」は、「食べるのに困らない」という、沖縄の方言です 第86回沖縄訪問(18)

【沖縄本土復帰35周年記念日は、5月15日です。日本プロゴルフ選手権大会が沖縄で開催されました その18】

片山正喜さんにお礼を言って分かれた後は、お昼ご飯を食べに行きます。片山正喜さんが薦めてくれたお店です。

くえーぶう

ムーンビーチホテルのすぐ脇にある、今まで何度も「くえーぶう」の前を通っていましたが、まだ、お店の中に入ったことがありませんでした。

くえーぶう

今日、お店に入るのも、やはり、推薦者がいるからこそです。ビジネスの成功には、支援者が欠かせません。

今日、松葉博雄が、注文した昼食は、生姜焼き定食と、お蕎麦を頂くことにしました。

ここのオーナーさんに聞くと、実のところ、このお店は片山正喜さんが、かなりボランティアで手伝ってくれたことが分かりました。

「あちこちから、リサイクルの建築資材を集めて、とてもうまく低予算で、お店を作ってくれた」ということを、お店のオーナーの方から聞きました。

天井にはパラシュートを使っていて、天井の内装を節約しています。

天井にはパラシュート

なかなか奇抜なアイディアです。パラシュートで天井ですから、よく考えたものです。

天井にはパラシュート

豚肉の生姜焼きも美味しいです。

豚肉の生姜焼きも美味しいです

本土の価格に比べると、沖縄の昼食代は、安く、ひとつの基準は、600円を超えると高いことになります。

豚肉の生姜焼きも美味しいです

片山正喜さんの名前を出すと、話はすぐに通じました。

あちらこちらで活躍していることが、改めて分かります。

「これからもよろしく」ということに、自己紹介をして、「くえーぶう」を後にします。

「くえーぶう」の意味は、沖縄の方言で、「食に困らない」という意味です。

お店の周りの花を撮ってみました。綺麗です。

素晴らしい写真が撮れました。

これは、ブーゲンビリアです。

ハイビスカスも咲き、一つひとつ立ち止まって、写真に納めていると、もう、掲載しきれないほどの花の数になりました。

金城正浩さんのお家に行ってみました。あいにく留守だったので、予定を変えて、北谷(チャタン)の街に、ちょっとマリンスポーツの道具を買いに行くことにしました。

昼下がりの前兼久の集落は、静かで、時々、ネコが横切るほどの静けさでした。

2007年5月16日(水)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください