沖縄のお盆 ご先祖さまが彼の世に帰る日 送り火はうちかびを燃やします 第160回沖縄訪問(18)。

あの世へご先祖様を送り出すときには、お供えを持って帰ってもらいます。 第160回沖縄訪問(18) 社長ブログ沖縄/沖縄の風習/うちかび

旧盆の日にエイサーがあり、ご先祖様があの世から、この世の自宅に戻ってきた後には、

送り火の日があります。

ご先祖様をあの世に送り出す夜には、家の玄関に火を焚いて、

その火に「ウチカビ」と言って、模造紙幣を焼いて、あの世のお金として持たせます。

うちかびの文化は、台湾に行ったときにも見たことがあります。

あの世に帰るときには、お土産をうんと渡せます。

そのお土産は、門中の皆さんからのお盆のお供えです。

とてもたくさんあるので、気持ちの上では、サトウキビを天秤棒代わりに使い、

両端にお供えをつるして、あの世へのお土産にもって帰ってもらいます。

まぁ、こんなところが、お盆のご先祖様を送り出す伝統文化のやり方です。

金城正浩さんと松葉博雄の会話が、周りの人にとってみればとても面白いので、

聞き耳を立てながら、一言ずつに爆笑が起きています。

何しろ、金城正浩さんは耳が遠く、松葉博雄が何を言っているのかは聞こえません。

松葉博雄は、金城正浩さんが、沖縄の方言で遠慮なくしゃべっているので、

聞こえていても、意味不明です。

なのに、ちゃんと会話が成り立っているので、周りの人はそのすれ違いに大笑いです。

金城正浩さんは、パッションフルーツと、アテモヤの栽培の専門家です。

その話になると、身を乗り出すように熱心になってきます。

大事なところは、紙とボールペンを借りて、筆談となって、やや意味が通じてきました。

次の訪問先は、金城正則さんのお宅です。

ハウラ君が大喜びです。

沖縄を尋ねると、季節ごとに、ご先祖様を大事にする行事が続いています。

私も、松葉家や、松葉家のご先祖様を大切にしないといけないと、改めて思います。

沖縄のお盆 関連記事 アーカイブ

2016年8月17日(水)


←前へ:第160回沖縄(17)

→次へ:第160回沖縄(19)

沖縄の前兼久地区では、お盆の終わりには、お金の「ウチカビ」と、さとうきびの杖、お供えのお料理を用意して、あの世に帰って頂きます。
【お盆行事と恩納村のエイサー祭 その19】

エイサーの宵送りの日になってくると、だんだんと前兼久地区のお家は、賑やかになってきます。

金城正浩さんのお家では、エイサーが来るのをずっと待っています。

近所の親戚の皆さんや、知人の皆さんが、次々と仏壇にお参りに来られました。

中には、子ども、孫を連れてこられるので、広い部屋もテーブルに人が一杯並ぶようになります。

男席、女席で話が進みますが、松葉博雄は、どちらでも話が出来るポジションにいます。

男性の席では、男性の話を、ご婦人の席では、ご婦人の中に入って、いろいろとお話をしました。

どういう話をするかと言うと、「そもそも、どうしてこの村に来られるようになったのです

か?」という質問を受けたり、「ご主人とのご縁は、何が始まりだったのですか?」という質問

をして、その場の雰囲気を和やかなものにしています。

だんだんと夜になってくると、エイサーの音が近づいてきます。

もうすでに、時刻は夜中の12時を過ぎています。ちょっと家の周りを見てきます。

周りでは、子どもたちがエイサーのために、浴衣を着て待っています。

山城景孝さんのお家の前を通ったとき、山城景孝さんのお家に招かれました。

ちょっとお邪魔してみます。

山城景孝さんのお家は、まだ新しいお家です。ここに青年団のエイサーのマネージャーがやって来て、寄付を募ります。

山城道子さんが、用意した寄付を渡すと、マネージャーは頭を下げて帰ります。

あちらこちらでお食事を頂いているので、もうお腹は一杯ですが、

山城景孝さんのお家でも、魚のフライを中心に、お刺身などが出てきます。

なかなか食べきれるものではありませんが、四方や話をしながら、少しお酒を頂きました。

そうしているうちに、電話が掛かってきました。

金城正浩さんのお家から、「松葉さんが、そちらに行っていませんか?」という電話です。

「そろそろご先祖様のお見送りをするので、仏壇の前に集まって欲しい」ということでした。

すぐに、山城景孝さんのお家から、金城正浩さんのお家に帰ります。

エイサーが来るのを待っていると、夜中の2時、3時になってしまい、

明日の仕事もあるので、12時ごろにはご先祖様にご挨拶をして、お見送りをします。

まず、一家の長男の役割として、ご先祖様に帰ってきてもらったお礼と、またあの世に帰ってい

くことへのお見送りをします。

そして、「また来年も来て下さい」というお祈りをします。

中国から伝わってきたのではないかと思う、「ウチカビ」というお金を焼いて、

ご先祖様に持っていってもらう旅費も用意しています。

家の外で焼くのかと思っていたのですが、たらいを用意して、お家の中で火をつけて焼きました。

部屋中、煙で濛々としています。

そして、その焼いた灰皿を家の外の玄関のところに持っていって、お酒を掛けます。

さとうきびの杖を側に置いて、皆さんでお祈りをして、帰っていくのをお見送りします。

お料理も添えています。沖縄の伝統行事は、男系社会で、長男の役割は、

このような時に、先頭に立って、行事を主宰することになります。

 

2007年8月27日(月)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください