焼肉パーティで聞いた、恩納村での社交ダンス導入の話 第84回沖縄訪問(5)

金城正則さん宅の焼肉パーティで聞いた話…饒波棟重さんは、30年ほど前に恩納村に青年協議会を創設し、地域の青年達が交流するように、社交ダンスを導入しました。
【沖縄の心 こころの行方は自然開発か 自然保護か 創造と破壊に悩む沖縄のこころ その5】

恩納村前兼久の日の入りは、6時半を少し回ったころです。夕暮れ頃となった7時をちょっと過ぎてから、金城正則さんのお家に行きます。

アンパンマンのクッションをもらって、嬉しそうにするクレアちゃんと伊音ちゃん

今夜は、金城家の皆さんと焼肉をします。クレアちゃんは、今日も元気です。今回、持ってきたお土産は、アンパンマンのクッションです。クレアちゃんと伊音ちゃんは、アンパンマンをもらって、嬉しそうです。

金城家で焼肉パーティ

焼肉パーティは、金城正則さんのお兄さんの、金城正浩さん、初子姉さん夫妻と一緒です。

金城家で焼肉パーティ

金城正浩さんのパッションフルーツは、その後、順調に育っています。今夜もお土産にといって、1箱頂きました。パッションフルーツは、外側がシワが寄るぐらいが食べごろになります。神戸から持ってきたお肉をこれから焼きます。

金城家で焼肉パーティ

炭火で焼くので、味が引き立ち、とても美味しそうです。今夜の焼肉奉行は、松葉博雄です。上手に焼けるようにがんばります。さて、うまく焼けたでしょうか?焼けたところで、みんなで一緒に食べます。

金城家で焼肉パーティ

今年の5月には、金城正浩さんのパッションフルーツが、初出荷です。うまくいったら、お祝いパーティをします。饒波棟重さんも、途中から参加です。饒波棟重さんと世間話をしながら、一緒に泡盛を飲みます。

金城家で焼肉パーティ

饒波棟重さんは、これまで大きな会社の経営幹部の経験が続いていたので、研修も受けたようです。世間話をしていても、経営学の理論が身についていることが分かります。マクレガーとか、マズローなどの名前が次々に出てくるので、「経営理論を知って話しているのだなぁ。」と、感心しました。

金城家で焼肉パーティ

クレアちゃんと伊音ちゃんは、アンパンマンのクッションを首に巻いたり、腰に付けたり、使い方の創意工夫をして、もう大はしゃぎです。

伊音ちゃんとクレアちゃん

周りの雰囲気は泡盛が進むと、沸いてきて、いいですね。饒波棟重さんは、終始絶好調です。

金城家で焼肉パーティ

饒波棟重さんが、金城千賀子さんの若いときの話をしてくれました。金城千賀子さんは、饒波棟重さんから見ると、大変な美人だったと印象に残っているようです。

饒波棟重さん

饒波棟重さんは、前兼久の青年協議会を作って、ダンスパーティをするために、ソシアルダンスのレッスン会をしたそうです。当時としては、大変なモダンボーイです。

饒波棟重さん

若い人たちが集まって、今までになかった社交ダンスをするのですから、教える人を探し、会場を設営し、音楽を用意し、音楽に合わせてジルバ、ワルツ、フォックスロットなどのステップを相手の足を踏みながら、少しずつ上達していった、当時の模様を詳しく話してくれました。

金城家で焼肉パーティ

金城家で焼肉パーティ

夜11時ごろになって、金城さんの息子、金城正道さんが帰ってきました。

金城正道さん

伊音ちゃんのお父さんです。

金城正道さん

饒波棟重さんは、昔話に戻り、とてもご機嫌でした。青年協議会を設立し、地元の青年達のリーダーだったことが、今夜の話で分かりました。

金城家で焼肉パーティ

さて、そろそろ今夜の焼肉パーティは、お開きです。11時を過ぎた頃、ホテルに戻りました。今日はご馳走になり、ありがとうございました。松葉博雄は、自分ではしっかりしていたつもりですが、周りの人から見ると、足元がフラフラしているほど、酔っていたようです。

 

2007年3月9日(金)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください