沖縄恩納村前兼久のパッションフルーツ農場見学 第83回沖縄訪問(16)

沖縄恩納村前兼久のパッションフルーツを金城正浩さんが、2007年5月に初出荷します。【沖縄のバレンタインデーは、チョコレートを頂き、粕汁を作り、ブルービーチの米軍演習を見ました その16】

沖縄恩納村

今日はバレンタインデーです。今日の沖縄恩納村のお天気は、少し雨模様で、出かけるときには、だんだんと本格的な雨になってきました。今日の午前中の予定は、金城正浩さんの経営する、パッションフルーツ農場を見学することになっています。一緒に農場へ行ったのは、金城正浩さんと奥さんの初子さん、金城千賀子さん、利絵ちゃんです。

金城正浩さんの経営する、パッションフルーツ農場を見学します

パッションフルーツの畑は、前兼久からちょっと丘を上に上がった高台にある台地に、ビニールハウスで作った農場です。

金城正浩さんの経営する、パッションフルーツ農場を見学します

全体で、150坪ほどある、広い温室です。これだと、雨天での体育館のように、キャッチボールが出来るぐらいの広さです。

ビニールハウスの中では、たくさんのパッションフルーツを育てています

2006年6月に、沖縄の恩納村から神戸に持って帰ったパッションフルーツの苗を、日当りの良い、神戸三宮センタープラザビル14階で、育てたことがあります。枝はどんどん広がり、ビルの窓を覆い隠すほどの繁栄ぶりでした。

ビニールハウスの中では、たくさんのパッションフルーツを育てています

パッションフルーツは、花が咲くと、一つひとつ、人工授粉をしていく必要があります。綿棒を使って、一つひとつ、受粉させたことを思い出します。

沖縄県の補助を受けて、ビニールハウスを建て、パッションフルーツを研究している先生の指導を受けながら、収穫時期に来ました。土地の有効活用のため、県の補助をもう一度受けて、さらに1棟増築する予定で、隣の土地では、その準備をしています。

2月の中旬なのに、室内温度は20度あります。パッションフルーツは、これから収穫期を迎えています。

さらに1棟増築する予定で、隣の土地では、その準備をしています

金城正浩さんにとっては、今年初めての収穫になります。

さらに1棟増築する予定で、隣の土地では、その準備をしています

パッションフルーツの栽培は、松葉博雄が神戸で収穫できたことから、それほど難しくないようですが、出荷するとなると、農作物なので、味と品質の問題、台風の被害、あるいは、不作のときは、全部ダメとか、出荷できるレベルに品質を揃えるなど、それなりの難しさがあるようです。

パッションフルーツ農園

5月が出荷のピークになるようです。

パッションフルーツ農園

うまく出荷出来たら、初出荷なので、お祝いにみんなで集まって、パーッと一杯お披露目の宴会をやろうということになりました。

もちろん、松葉博雄も呼んでもらいます。農場見学が終って、次に、金城千賀子さんのお家に帰って、ちょっと一服です。その後、ムーンビーチホテルに行きます。今朝の琉球新報を読んでみると、米軍が、演習中に銃口を地域の住民に向けたことが、大きく報道されています。

琉球新報の記事

沖縄では、公共事業で、土地改良事業や、公共工事建設が各地で、活発に行われていますが、赤土などで、表土が雨に打たれ、そのまま珊瑚の海に流れ込むと、環境破壊になるので、いったん、貯水池で赤土を漉すことになっています。

琉球新報の記事

それが、新聞によれば、オンブズマンが発見したことが、ろ過しないで、赤土をそのまま放置して、海に流していたようです。

沖縄は、沖縄が持っている大切な自然の価値を守らなければ、珊瑚礁が復活するには、100年以上の歳月が必要となります。

2007年2月14日(水)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください