三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄はビーチに出入りする通路を囲い、国定公園のサンゴ礁を削って、海水を汲み上げています。

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄はタイガービーチを囲って、地元の人達は自由なビーチへの出入りが難しくなっています。 第163回沖縄訪問(8)

ホテルモントレ沖縄は アコム、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。

前兼久の自然ビーチに、広い畳を敷いたような岩場があります。

ここでは、熱帯魚が比較的浅い場所で見られる、

シュノーケリングのポイントです。

浜辺は、前兼久地区の人達が、昔から使っていた浜辺です。

恩納村前兼久地区は、国定公園に指定されている、沖縄の西海岸地区です。

ホテルモントレ沖縄 サンゴ礁を破壊

ホテルモントレは、サンゴ礁を破壊して、パイプを埋めていました。

国定公園のサンゴ礁の海底を、許可無く削り取り、

パイプを埋める行為は禁止行為です。

前兼久の浜辺で遊んでいると、海底にパイプを埋めている場所を見つけました。

このパイプは、どこに繋がっているのか、興味深く、その先を追ってみました。

パイプは、岩場を削り、セメントで固定し、その先は浜辺に繋がっています。

浜辺のその先は、アダンの茂みに入っています。

益々怪しく、どこに繋がっているのか追いかけてみます。

配管は、かなりしっかりと固定されていて、

海岸から更に私有地に伸びています。

このパイプの行方は、どこでしょうか?

一番近いのは、日本銀行の沖縄恩納村保養所です。

日本銀行の沖縄恩納村保養所のパイプではありませんでした。

辿っていけば、ホテルモントレ沖縄の敷地に繋がっています。

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄は海岸へ通じる通路を閉鎖

ホテルモントレの敷地は、鉄格子で覆われ、

海岸線からは入ることも、海岸線に出ることもできません。

鉄格子のすぐそばには、結婚式を挙げるためのチャペルが見えます。

このチャペルは、工事中に見た事があります。

ここで、ホテルモントレが、

このパイプラインをどこに繋いでいるかはもう外からは分かりません。

このパイプラインは、きっと、

海水をホテルモントレに汲み入れる為のパイプではないかと思います。

ホテルモントレの親会社は、上場企業である、消費者金融のアコムです。

海岸線からホテルモントレに入る事は、

厳重な鉄格子があるので、無理のようです。

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄は縄県条例違反の疑い

問題点があります。海岸は、地域の人達のもので、私有地だからと言って、

海岸に出入りする通路を囲ったり、料金を徴収することは、沖縄県の条例で禁止されています。

沖縄県における問題と対応

海岸の私企業による囲い込みや不法占拠が問題となった沖縄県では、

「海浜を自由に使用するための条例」及び同施行規則が1991年4月1日に施行された。

沖縄県条例 「海浜を自由に使用するための条例施行規則」

第2条 条例第6条に規定する事業者等が配慮すべき事項は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1)公衆が海浜へ自由に立ち入ることができるよう適切な進入方法を確保すること。

(2)公衆の海浜利用又は海浜への立入りの対価として料金を徴収しないこと。

ホテルモントレの入り口は厳重で、ホテルの宿泊客や、利用客以外の人が、ホテルモントレが囲っている、タイガービーチに、自由に出入りすることは難しいようです。

ハワイのワイキキビーチでは、ホテルが海岸に並んでいますが、

各ホテルが、ホテルの前のビーチを囲ったりはしていません。

観光客は、ワイキキビーチを自由に散歩したり、浜辺で泳いだりすることができます。

ワイキキビーチのように、浜辺を自由に解放する方が、

ホテルの賑わいにも繋がり、地域の人たちにも愛され、

孤立しないのではないかと思います。

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄はタイガービーチを囲い込み

タイガービーチの浜辺は、以前は私も、自由に散歩したり、泳いだりしていました。

それが今では、ホテルモントレ沖縄によって囲い込まれてしまっています。

サンゴ礁の岩を削り、コンクリートでパイプラインを固定して、

そこから海水を汲み上げて、ホテルモントレの敷地内に繋ぐことは、

国定公園の規則にも違反していないでしょうか?

海域公園地区

1) 工作物の新築等
2) 鉱物や土石の採取
3) 広告物の設置等
4) 指定動植物の捕獲等
5) 海面の埋立等
6) 海底の形状変更
7) 物の係留
8) 汚水の排出等
9) 指定区域内及び指定期間内における動力船の使用

恩納村の地域の人達は、角が立つので、争いを避けて、海岸線を囲われても、黙っています。

子どもの頃から、ここで泳いでいた人達は、以前のようには利用出来ないようになり、気の毒な限りです。

沖縄リゾートホテル 関連記事 アーカイブ

 

2017年8月日()


←前へ:第163回沖縄(7)

→次へ:第163回沖縄(9)

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄 アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。第143回沖縄訪問(22)

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄は 神戸の質屋さんから始まったホテルモントレ

ホテルモントレ沖縄の、オープニングセレモニーの始まりです。

お祝いの花輪を見ると、三菱UFJ信託銀行の若林辰雄社長、鹿島建設、アコムの木下盛好社長などから、花が届いています。

ホテルモントレは、親会社が消費者金融のアコムです。

アコムの出身母体は、神戸の呉服屋さんのマルイトです。

呉服屋さんが質屋さんを始め、質屋さんが消費者金融に変わっていった歴史があります。

三宮商店街の昔の地図には、マルイトのお店の名前が残っています。

今では、アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。

ホテルモントレ沖縄を受注したのは、鹿島建設です。

三菱東京UFJ銀行の平野信行頭取がテープカット

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員なので、テープカットするのは、三菱東京UFJ銀行の平野信行頭取、そしてモントレの社長の小村太一さんです。

さらに恩納村の志喜屋文康村長さんも来ていました。

一つの大きなホテルを造るには、行政機関、金融システム、資金調達、建設会社、設備会社など、多くの利害関係者が関わっていることが分かります。

タイガービーチに、ホテルモントレがホテルを建設することを決め、事前調査、周辺地域との調整に始まり、温泉を掘り当てるボーリング工事、ホテル建設工事、など、色々ありました。

冨着地区の住民は反対運動も出来ず

冨着の住民のお話では、ホテルモントレの建設を反対する人は、大勢いました。

反対の理由は巨大なホテルは周囲の景観を壊した設計にあります。

近くのムーンビーチホテルは、景観に配慮して、低層階の設計にしていました。

ホテルモントレの場合は、海岸に沿った高層建築になっています。

付近の住民の皆さんには、にこれまで長らくタイガービーチは憩いのビーチでしたが、ホテルモントレの設計では、海岸へ通じる通路は確保されていません。

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄はタイガービーチを囲って、地元の人達は自由なビーチへの出入りが難しくなっています。 第163回沖縄訪問(8)

ホテルモントレ沖縄は アコム、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。

前兼久の自然ビーチに、広い畳を敷いたような岩場があります。

ここでは、熱帯魚が比較的浅い場所で見られる、シュノーケリングのポイントです。

浜辺は、前兼久地区の人達が、昔から使っていた浜辺です。

恩納村前兼久地区は、国定公園に指定されている、沖縄の西海岸地区です。

ホテルモントレ沖縄 サンゴ礁を破壊

ホテルモントレは、サンゴ礁を破壊して、パイプを埋めていました。

国定公園のサンゴ礁の海底を、許可無く削り取り、パイプを埋める行為は禁止行為です。

前兼久の浜辺で遊んでいると、海底にパイプを埋めている場所を見つけました。

このパイプは、どこに繋がっているのか、興味深く、その先を追ってみました。

パイプは、岩場を削り、セメントで固定し、その先は浜辺に繋がっています。

浜辺のその先は、アダンの茂みに入っています。

益々怪しく、どこに繋がっているのか追いかけてみます。

配管は、かなりしっかりと固定されていて、海岸から更に私有地に伸びています。

このパイプの行方は、どこでしょうか?

一番近いのは、日本銀行の沖縄恩納村保養所です。

日本銀行の沖縄恩納村保養所のパイプではありませんでした。

辿っていけば、ホテルモントレ沖縄の敷地に繋がっています。

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄は海岸へ通じる通路を閉鎖

ホテルモントレの敷地は、鉄格子で覆われ、海岸線からは入ることも、海岸線に出ることもできません。

鉄格子のすぐそばには、結婚式を挙げるためのチャペルが見えます。

このチャペルは、工事中に見た事があります。

ここで、ホテルモントレが、このパイプラインをどこに繋いでいるかはもう外からは分かりません。

このパイプラインは、きっと、海水をホテルモントレに汲み入れる為のパイプではないかと思います。

ホテルモントレの親会社は、上場企業である、消費者金融のアコムです。

海岸線からホテルモントレに入る事は、厳重な鉄格子があるので、無理のようです。

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄は縄県条例違反の疑い

問題点があります。海岸は、地域の人達のもので、私有地だからと言って、海岸に出入りする通路を囲ったり、料金を徴収することは、沖縄県の条例で禁止されています。

沖縄県における問題と対応

海岸の私企業による囲い込みや不法占拠が問題となった沖縄県では、「海浜を自由に使用するための条例」及び同施行規則が1991年4月1日に施行された。

沖縄県条例 「海浜を自由に使用するための条例施行規則」

第2条 条例第6条に規定する事業者等が配慮すべき事項は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1)公衆が海浜へ自由に立ち入ることができるよう適切な進入方法を確保すること。

(2)公衆の海浜利用又は海浜への立入りの対価として料金を徴収しないこと。

ホテルモントレの入り口は厳重で、ホテルの宿泊客や、利用客以外の人が、ホテルモントレが囲っている、タイガービーチに、自由に出入りすることは難しいようです。

ハワイのワイキキビーチでは、ホテルが海岸に並んでいますが、各ホテルが、ホテルの前のビーチを囲ったりはしていません。

観光客は、ワイキキビーチを自由に散歩したり、浜辺で泳いだりすることができます。

ワイキキビーチのように、浜辺を自由に解放する方が、ホテルの賑わいにも繋がり、地域の人たちにも愛され、孤立しないのではないかと思います。

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄はタイガービーチを囲い込み

タイガービーチの浜辺は、以前は私も、自由に散歩したり、泳いだりしていました。

それが今では、ホテルモントレ沖縄によって囲い込まれてしまっています。

サンゴ礁の岩を削り、コンクリートでパイプラインを固定して、そこから海水を汲み上げて、ホテルモントレの敷地内に繋ぐことは、国定公園の規則にも違反していないでしょうか?

海域公園地区

1) 工作物の新築等
2) 鉱物や土石の採取
3) 広告物の設置等
4) 指定動植物の捕獲等
5) 海面の埋立等
6) 海底の形状変更
7) 物の係留
8) 汚水の排出等
9) 指定区域内及び指定期間内における動力船の使用

恩納村の地域の人達は、角が立つので、争いを避けて、海岸線を囲われても、黙っています。

子どもの頃から、ここで泳いでいた人達は、以前のようには利用出来ないようになり、気の毒な限りです。

沖縄リゾートホテル 関連記事 アーカイブ

 

2017年8月日()


←前へ:第163回沖縄(7)

→次へ:第163回沖縄(9)

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄 アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。第143回沖縄訪問(22)

三菱UFJフィナンシャル・グループの一員でアコムの子会社 ホテルモントレ沖縄は 神戸の質屋さんから始まったホテルモントレ

ホテルモントレ沖縄の、オープニングセレモニーの始まりです。

お祝いの花輪を見ると、三菱UFJ信託銀行の若林辰雄社長、鹿島建設、アコムの木下盛好社長などから、花が届いています。

ホテルモントレは、親会社が消費者金融のアコムです。

アコムの出身母体は、神戸の呉服屋さんのマルイトです。

呉服屋さんが質屋さんを始め、質屋さんが消費者金融に変わっていった歴史があります。

三宮商店街の昔の地図には、マルイトのお店の名前が残っています。

今では、アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。

ホテルモントレ沖縄を受注したのは、鹿島建設です。

三菱東京UFJ銀行の平野信行頭取がテープカット

アコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員なので、テープカットするのは、三菱東京UFJ銀行の平野信行頭取、そしてモントレの社長の小村太一さんです。

さらに恩納村の志喜屋文康村長さんも来ていました。

一つの大きなホテルを造るには、行政機関、金融システム、資金調達、建設会社、設備会社など、多くの利害関係者が関わっていることが分かります。

タイガービーチに、ホテルモントレがホテルを建設することを決め、事前調査、周辺地域との調整に始まり、温泉を掘り当てるボーリング工事、ホテル建設工事、など、色々ありました。

冨着地区の住民は反対運動も出来ず

冨着の住民のお話では、ホテルモントレの建設を反対する人は、大勢いました。

反対の理由は巨大なホテルは周囲の景観を壊した設計にあります。

近くのムーンビーチホテルは、景観に配慮して、低層階の設計にしていました。

ホテルモントレの場合は、海岸に沿った高層建築になっています。

付近の住民の皆さんには、にこれまで長らくタイガービーチは憩いのビーチでしたが、ホテルモントレの設計では、海岸へ通じる通路は確保されていません。

冨着の人たちは、気持ちの穏やかな人が多く、ホテルモントレを建てる建設関係や、ホテルで雇用される人、ホテルに商品を納める人などが居て、多くの利害関係者には、おおっぴらにホテル建設反対が出来ていません。

気の毒なのは、利害関係などはない方も、近所付き合いもあるので、景観を壊されたにも関わらず、泣き寝入りしています。

冨着の地域にとってみて、このホテルモントレ沖縄が、どのような影響を及ぼすのか、良い結果になるのか、それは、これからの事なので、地域の皆さんがどのような評価をするようになるのか、注視していきたいと思います。

ホテルモントレ沖縄 オープン記念パーティー

テープカットの後はレセプションで立食パーティーです。

皆さんが集まるレセプションルームに向かいます。

パーティルームは、とっても沢山の招待客の人で、大賑わいでした。

立食パーティーですから、自分で食べる物を取りに行くことになります。

お寿司やお肉やおそばをいただきました。

立食パーティの始まりは、いつものことながら、なかなか料理をいただけません。

少し落ち着くまで待っていた方が得策です。

今日のパーティは、この後も招待客を変えて、何度か行われるそうです。

この後、日を変えて招待を受けるのは、地域の皆さんたちです。

招待を受けても、パーティーには出席したくないと、言われている方もいます。

見た目に美味しそうなお料理が並んでいます。

寿司コーナーでは、カウンターの中で職人さんが寿司を握り、小皿に乗せています。

ネタは、マグロ、海老など、手際よくシャリと合わせていきます。

誰か、顔見知りの人はいないかなぁと、目を追って探してみました。

朝日会で顔なじみの人たちが、頼りです。

金城正則さんが紹介してくれたのは、恩納酒造所の社長さんです。

登川喜永さん、山城久永さん、米須清秀さんが来ていました。

恩納村志喜屋文康村長

次に、紹介していただいたのは、恩納村の志喜屋文康村長さんです。

志喜屋文康村長さんとは2009年9月に、あぐーの店「山城亭」で、偶然のご縁で一緒にお酒をいただきました。

その節は、志喜屋文康村長さんを囲んで、恩納村の魅力について、いろいろ話をして、そしておいしいビールを飲んで、楽しい時間を過ごしました。

それから、恩納村議会の糸数昭議員もいます。この方は仲泊出身です。

神村酒造の神村盛行社長

神村酒造の神村盛行さんです。本社工場・古酒蔵(ギャラリー)はうるま市石川にあり、本社は那覇市松川にあるようです。

主力商品は、琉球泡盛「暖流」、琉球泡盛「守禮」、琉球もろみ酢、明治15年創業の老舗酒造です。

神村酒造ホームページ:http://www.kamimura-shuzo.co.jp/index.html

琉球新報社恩納村通信員の小山猛三郎さんです。

小山猛三郎さんとは、一番最近で、2012年6月の前兼久ハーリー祭でもお会いしています。

パーティには、接客担当の女性が派遣されています。

カトレアバンケットクラブの水野希咲さんです。

琉球美人というのでしょうか、制服がよく似合っています。

小山猛三郎さん、両手に花です。

皆さん髪をキッチリ綺麗に結い上げて、お化粧も厚すぎず、清潔感があります。

段々招待客が帰り始め、混雑していたパーティルームも、ゆったりしてきました。

松葉博雄も帰る時間です。金城正則さんと一緒に帰ります。

廊下には、沢山のお祝いの花が、並んでいます。

沢山の人と一緒に飲んで、美味しいものをいただいて、2時ごろ終わりです。帰ります。

ホテルモントレ沖縄には、天然温泉があります。

そこで、スパ&リゾートの表示が出ています。

恩納村リゾートホテル 関連記事 アーカイブ

2013年6月15日(土)


←前へ:第143回沖縄(21)

→次へ:第143回沖縄(23)

沖縄訪問 アーカイブ

冨着の人たちは、気持ちの穏やかな人が多く、ホテルモントレを建てる建設関係や、ホテルで雇用される人、ホテルに商品を納める人などが居て、多くの利害関係者には、おおっぴらにホテル建設反対が出来ていません。

気の毒なのは、利害関係などはない方も、近所付き合いもあるので、景観を壊されたにも関わらず、泣き寝入りしています。

冨着の地域にとってみて、このホテルモントレ沖縄が、どのような影響を及ぼすのか、良い結果になるのか、それは、これからの事なので、地域の皆さんがどのような評価をするようになるのか、注視していきたいと思います。

ホテルモントレ沖縄 オープン記念パーティー

テープカットの後はレセプションで立食パーティーです。

皆さんが集まるレセプションルームに向かいます。

パーティルームは、とっても沢山の招待客の人で、大賑わいでした。

立食パーティーですから、自分で食べる物を取りに行くことになります。

お寿司やお肉やおそばをいただきました。

立食パーティの始まりは、いつものことながら、なかなか料理をいただけません。

少し落ち着くまで待っていた方が得策です。

今日のパーティは、この後も招待客を変えて、何度か行われるそうです。

この後、日を変えて招待を受けるのは、地域の皆さんたちです。

招待を受けても、パーティーには出席したくないと、言われている方もいます。

見た目に美味しそうなお料理が並んでいます。

寿司コーナーでは、カウンターの中で職人さんが寿司を握り、小皿に乗せています。

ネタは、マグロ、海老など、手際よくシャリと合わせていきます。

誰か、顔見知りの人はいないかなぁと、目を追って探してみました。

朝日会で顔なじみの人たちが、頼りです。

金城正則さんが紹介してくれたのは、恩納酒造所の社長さんです。

登川喜永さん、山城久永さん、米須清秀さんが来ていました。

恩納村志喜屋文康村長

次に、紹介していただいたのは、恩納村の志喜屋文康村長さんです。

志喜屋文康村長さんとは2009年9月に、あぐーの店「山城亭」で、偶然のご縁で一緒にお酒をいただきました。

その節は、志喜屋文康村長さんを囲んで、恩納村の魅力について、いろいろ話をして、そしておいしいビールを飲んで、楽しい時間を過ごしました。

それから、恩納村議会の糸数昭議員もいます。この方は仲泊出身です。

神村酒造の神村盛行社長

神村酒造の神村盛行さんです。本社工場・古酒蔵(ギャラリー)はうるま市石川にあり、本社は那覇市松川にあるようです。

主力商品は、琉球泡盛「暖流」、琉球泡盛「守禮」、琉球もろみ酢、明治15年創業の老舗酒造です。

神村酒造ホームページ:http://www.kamimura-shuzo.co.jp/index.html

琉球新報社恩納村通信員の小山猛三郎さんです。

小山猛三郎さんとは、一番最近で、2012年6月の前兼久ハーリー祭でもお会いしています。

パーティには、接客担当の女性が派遣されています。

カトレアバンケットクラブの水野希咲さんです。

琉球美人というのでしょうか、制服がよく似合っています。

小山猛三郎さん、両手に花です。

皆さん髪をキッチリ綺麗に結い上げて、お化粧も厚すぎず、清潔感があります。

段々招待客が帰り始め、混雑していたパーティルームも、ゆったりしてきました。

松葉博雄も帰る時間です。金城正則さんと一緒に帰ります。

廊下には、沢山のお祝いの花が、並んでいます。

沢山の人と一緒に飲んで、美味しいものをいただいて、2時ごろ終わりです。帰ります。

ホテルモントレ沖縄には、天然温泉があります。

そこで、スパ&リゾートの表示が出ています。

恩納村リゾートホテル 関連記事 アーカイブ

2013年6月15日(土)


←前へ:第143回沖縄(21)

→次へ:第143回沖縄(23)

沖縄訪問 アーカイブ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください