降ると言えば大雨で、赤土の泥水は、海に向かって流れ出ています。

スコールの後は、赤土の泥水が、海に向かって流れを作っています。どこかで、赤土を沈殿させなければ、このまま珊瑚礁に流れ込みます。 第143回沖縄訪問(24)

恩納村の夜が終わり、朝になると、

小鳥の鳴き声が聞こえてきます。

一人で居るときは、朝が来れば早速朝ご飯の心配が始まります。

今朝は、朝ごはんをご飯を炊いて作りました。

いわしの缶詰と、豚汁でいただきます。

明日は神戸に帰る予定なので、

今日は少し、部屋の片付けをしないといけません。

備蓄用に買っている缶詰を活用して、

朝ご飯は、さっと食べて、

その後、食器洗いや洗濯物、

部屋の片付けに取り掛かる予定です。

インスタント食品では物足りない、

かといって、ちゃんと料理を作るには面倒なとき、

こんなときに、缶詰は特に便利です。

最近は缶詰BARが話題になったり、

健康番組で缶詰の栄養価が見直されたりと、

何かと話題になっています。

今日のお天気は曇り空です。

片山正喜さんと相談して、

また、北の方向にドライブすることになりました。

片山正喜さんは、ホテルに迎えに来てくれました。

片山正喜さんの車に乗って、ドライブに出発です。

ホテルモントレ沖縄の前を通り過ぎます。

ホテルモントレ沖縄の裏手にある、恩納そばの店です。

味のある、少し古い看板から、

ずっと以前から営業しているのだと分かります。

同じ店をずっと続けていくのは、難しいことです。

片山正喜さんの愛犬、リーも、今日は連れていってもらっています。

途中、ガソリンスタンドに寄っていきます。

ここは、ESSOのスタンドです。

片山正喜さんの話によると、

いま3周年記念のイベント中で、来店記念に記念品がもらえるそうです。

「感謝祭!」の幟が立っています。

泡洗車コーナーの一辺が、催事中だけでしょうか、

シナジーカードの申し込みブースになっていました。

次に寄るのは、お昼のお弁当を買うために、

「大金知花」に寄りました。

ここは地元に密着したスーパーです。

沖縄そばや、ゆし豆腐など、地元の食材も売っています。

お天気は少しずつ変化して、北に行くほど雲が低く垂れ込め、

雲が空の上からどんよりと下りています。

案の定、途中で大雨が降ってきました。

どこか雨宿りできる場所を探しています。

以前に訪れたことがある、金武町の

、国際交流会館のあるところへ行ってみます。

以前は開いていたゲートが、閉まっています。

空からはすごい雨が降り、どこか雨宿りしたいところですが、

国際交流会館には入れそうもないので、

車の屋根は大粒の雨が、叩きつけています。

入り口はないものか、周辺を迂回してみます。

しかし、入り口は見つかりません。

別の入り口も、行き止まりになっています。

門の先に、「敷地内でのゴルフ禁止」の看板が立っています。

この辺りの人たちには、芝生もあって、

使わない施設なら、ゴルフの練習でもしてみたくなるようです。

リーは、屋根のない台車で、ずぶ濡れになっています。

車を停めて、リーを見てみると、

リーは、じっと座って外を眺めています。

亜熱帯のスコールは、降るときは激しく降り、

しばらくすると、何事もなかったように、晴れてきます。

集中豪雨のように、大量の雨が降ると、

沖縄の赤土の表土は、雨水を傾斜に沿って、

低い土地に向かって、海に向かって、流れ出してきます。

この赤土を含んだ泥水が、海へ流れ出しています。

そうなると、サンゴは育ちません。

畑からしみ出してくる水や、

道路から流れ出る泥水は、みるみるうちに細い渓流を作り、

段差がある所では、小さな滝のようにどんどん泥水を運んでいます。

雨が止んだ野辺には、喉の渇きを癒した動物のように、植物も、潤っています。

冷凍食品・日用品の、久富共同売店に寄って、飲み物を補給しました。

雨が止んだので、再び、ドライブです。

リーを乗せて、片山正喜さんと、辺野古方面に向かいます。

2013年6月15日(土)


←前へ:第143回沖縄(23)

→次へ:第143回沖縄(25)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください