沖縄リゾート:ゆるやかな沖縄を満喫:ゆるやかな沖縄リゾート生活です。潮の流れが速い海から上がると、そこはゆるやかな沖縄の風が吹いています。ゆるやかな沖縄を作っているのは、光り輝く珊瑚礁の海です 第119回沖縄訪問(21)

沖縄リゾート:ゆるやかな沖縄を満喫:ゆるやかな沖縄リゾート生活です。潮の流れが速い海から上がると、そこはゆるやかな沖縄の風が吹いています。ゆるやかな沖縄を作っているのは、光り輝く珊瑚礁の海です。
【沖縄の文化:沖縄の伝統行事 恩納村地域の全員参加型の沖縄の伝統行事の「前兼久ハーリー」に参加します その21】

沖縄リゾート生活は、ゆるやかな沖縄の沖縄のリゾート生活です。伊計島でシュノーケリング

早い潮の流れの海から上がって来ると、白い浜辺は、そこは、緩やかな沖縄です。3時20分頃です。着替えます。

伊計島でシュノーケリング

 

浜辺の高い所に、草が生い茂る、少し陰になったところに、ござを敷いて、まずは、真水を飲みます。
伊計島でシュノーケリング
 

シュノーケリングをしていると、口の中は、海の潮で、喉も潮にまみれ、早く真水で喉を洗いたいようになり、真水を飲むと一息吐きます。伊計島でシュノーケリング

るやかな沖縄、ゆるやかな沖縄の浜辺に吹く風、時間が止まったような、これこそ沖縄リゾートに求めていた瞬間です。

伊計島でシュノーケリング

片山正喜さんは魚を釣りたいということで、シュノーケリングの衣服を着替えて、魚釣りに行っています。

伊計島でシュノーケリング

さっきまで、シュノーケリングで魚を様子を見ていたので、どの辺に魚がいるのか見当をつけて、竿を投げ込んだ結果、少し小さい魚ですが、ミーバイが釣れたので、納得しています。

伊計島でシュノーケリング

緩やかな沖縄の、とても自由な時間を過ごし、4時半ごろに勝連半島を通って帰ります。

伊計島でシュノーケリング

こんなゆるやかな沖縄の生活がしたかったのです。このように沖縄にたびたび来れるようになりたかったのです。

伊計島でシュノーケリング

社会人になって、一定の仕事をして、一定の役割を果たしたら、ゆるやかな沖縄で緩やかな時間を過ごしたい、と若い頃から思っていました。

伊計島でシュノーケリング

それが今現実に出来ていることに嬉しく思います。


伊計島でシュノーケリング

しかし、まだまだ松葉博雄には、あれやこれや、課題もあり、リタイアという状況で楽しんでいる訳ではありません。

伊計島でシュノーケリング

伊計島の先端部分は、一年中、風の強い場所で、今日のように、緩やかな沖縄を感じる日は希です。

伊計島でシュノーケリング

「危険水域」の警告が出ている海なので、周りに人影はありません。伊計島でシュノーケリング

海中道路を走り、勝連半島から本島へ戻り、片山正喜さんの家に寄って、停めていた車に乗り換えて、いったんホテルに戻り、休息して、これから朝日会に行きます。

伊計島でシュノーケリング

前兼久のムーンビーチ沖に沈む夕日を見たいと思っています。しかし、今日は、雲も厚く、見る事が出来ません。残念です。絵に描いたような夕日が見えるのは、一年のうちでも、ほんの僅かです。伊計島でシュノーケリング

微かにこぼれ日が見えています。さて、これから、朝日会に行きます。7時ちょっとまわったところです。

伊計島でシュノーケリング

もう少し待てば、夕日が見えるかな、と思いつつ、カメラを構えて、夕日が沈む様を捉えようとしてみましたが、今日は、雲が厚く、無理だと思い、諦めて、朝日会に出掛けます。

 

2010年6月17日(木)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください