あるときにはあるもので、沖縄のおせち料理は、暖かい地域なので、揚げ物が多くあります。お皿に盛りつけて、オードブルになります。

あるときにはあるもので、沖縄のおせち料理は揚げ物を、お皿に盛りつけて、オードブルになります。第125回沖縄訪問(14)

あるときにはあるもので、沖縄のおせつ料理は、あるときにはあるもので、食べきれないほどの、数えきれないほどの品数で、見てるだけでもお腹いっぱいになりました。

**

お年始客を迎えるお家では、おせち料理が振る舞われます。 あるときにはあるもので、どこのお家に行ってもおせち料理は並んでいます。

**

沖縄のおせち料理は、暖かい地域なので、揚げ物が多くあります。 お皿に盛りつけて、オードブルになります。

**

スズメダイの唐揚げは、年末に、金城正浩さんが、前兼久の海に漁に出かけて釣り上げた魚です。 歯ごたえがあり、鯛なので味もよく、ビールと一緒に食べるには向いています。

**

スズメダイの唐揚げは、あるときにはあるものですが、普段はあまりお目にかかれません。 なかみ汁を頂きます。たくさんの人が集まったときに出る、沖縄の家庭料理です。

**

松葉博雄の娘は、二人とも、なかみ汁が大好きです。 なかみ汁は、あるときにはあるもので、お祝いの時には大体でてきます。 U君は、初めての沖縄でのお正月を迎え、頂くものはすべて、ご馳走です。

**

画像では、音は伝わりませんが、沢山の年始客で、金城正浩さんのお家は、大賑わいです。

**

ヤギの生肉の冷凍が、登場です。 これは、元気な時でなければ、消化しきれません。とても、精がつくお料理と言われています。

**

金城正浩さんは、とても子どもうけして、子どもをあやすのがお上手で、U君もすっかり懐いて、金城家の皆さんに溶け込んでいます。

**

金城正浩さんは、子どもが何がほしがっているか、何をして欲しいのか、何をすれば喜ぶのか、そのツボを、心得ているようにみえます。

**

U君は、エイサーの時に使う、太鼓を見つけ、太鼓をたたいて、太鼓から出る音に対して、大変興味を示して、喜んでいます。

**

幼い子どもを育てていたとき、「太鼓のお稽古」という、曲がありました。 子どもが太鼓の音に反応するのは、昔も今も同じです。

**

金城家に来た、年始客の方に、三線の上手な人がいて、正月なので、三線をお願いしました。何にするか、リクエストしてもいいと言うので、松葉博雄は、「19の春」をお願いしました。

**

沖縄の三線に、よく出てくる曲です。 曲の内容は、もしも、わたしに離縁を言うならば、元の19歳にしておくれというような、内容です。

**

三線の音が入って、U君の太鼓もでて、すっかり、お正月らしくなりました。 U君は、お父さんとお母さんに囲まれ、知らないおじさんも、知っているおじさんも、U君に優しくしてくれるので、きっと、何年か後、このブログを読んだら、そんなええ事してたかと、思い出すと思います。

**

ホテルに戻ると、恒例の、ニューイヤーコンサートです。

**

やはり、ワルツ「美しく青きドナウ」を、新春には聴かないとね。

**

沖縄の文化に囲まれて、沖縄のお家をお訪ねし、三線を聴いて、孫の打つ太鼓も聴いて、とても結構なお正月でした。 沖縄のご馳走は、あるところにはあるもので、どっさりと出てくるので、そんなに沢山は食べれませんでした。

2011年1月1日(土)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください