ヤシガニの保護、自然保護、絶滅危惧種保護:絶滅危惧II類に指定されたヤシガニ~ヤシガニの保護と繁殖を目指すヤシガニ研究会に入会~

ヤシガニの保護、自然保護、絶滅危惧種保護です。絶滅危惧II類に指定されたヤシガニ~ヤシガニの保護と繁殖を目指すヤシガニ研究会に入会しました。

ヤシガニの保護、自然保護、絶滅危惧種保護の為、絶滅危惧II類に指定されたヤシガニ~ヤシガニの保護と繁殖を目指すヤシガニ研究会に入会する事になりました。

ホームページの社長研究室の中で、保護、自然保護、絶滅危惧種保護されている、ヤシガニについて調べている時、沖縄の恩納村に「ヤシガニ研究会」があることを知りました。

インターネットで申し込みをしたところ、会員に入れていただきました。
松葉博雄の会員番号は2004年発行の「92番」となりました。

保護の為、自然保護の為、絶滅危惧種保護の為、ヤシガニは絶滅危惧II類に指定され、実際沖縄の本島では、自然の状態では滅多に見ることがありません。

離島に行けば、まだ生息しているようですが、生息地域と自然環境とが関わっているようです。

ヤシガニは海で産卵し、丘に戻り、脱皮を繰り返し、成長して行くので、海岸部分が防波堤になっていたり、護岸工事をされていると、生息が難しくなります。ヤシガニにとっても天敵は”人間”です。

ヤシガニが棲める、保護、自然保護、絶滅危惧種保護が大切な課題となります。

保護、自然保護、絶滅危惧種保護を目指す、ヤシガニ研究会を通じて、ヤシガニの研究と会員の交流を深めたいと思います。

先輩会員のみなさん、よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください