hoge

今の時代に生まれてきて良かった。徳川家の為の、封建時代に生まれなくて良かった。

徳川家だけが偉かった、身分制度の厳しい時代に生まれなくて、良かった。道ばたの土下座なんて、したくない。  U君と静岡県熱海市(10) 「箱根の山は天下の険で、函谷關も物ならず」と言われます。その厳しい... 

朝ご飯の話題は、忍者ハットリ君は「忍忍でござる」と言いました。徳川家康は、「人の一生は重き荷を背負うて 遠き道を行くがごとし 」と言いました。こんな教訓話です。

今日は、息子とリッキー君も一緒に朝ご飯です。 子ども達から言われることは、「こんなに手の込んだ朝ご飯を作ってくれる奥さんはいないよ、ちゃんと感謝しながら食べないといけないよ」と言われています。 どれほ... 

隈 研吾の「負ける建築」では、権力と建築とは、共犯関係を結んだとしています。徳川家康は、巨大な名古屋城を公共事業とし、有力大名の財政を疲弊させました

負ける建築(隈 研吾)では、権力と建築とは、共犯関係を結んだとしています。徳川家康は、巨大な名古屋城を公共事業とし、関ヶ原の後の徳川家に帰参した有力大名の財政を疲弊させました。名古屋観光(5) 負ける... 

戦国時代に、天下統一を目指した、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などの戦国武将は、戦場の合間に、一服のお茶で一時の静寂を楽しみました。

戦国時代には戦場の合間に、一服のお茶で一時の静寂を楽しみました。現代では平時の戦争は経済の戦いです。日曜の朝(1) 戦国時代に、天下統一を目指した、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康などの戦国武将は、戦場の... 

石峯寺(しゃくぶじ)で、感心したのは、歴史が古いこと、よく整備されていること、薬師堂と三重塔が美しいこと、静かなこと、徳川家のご恩に報いていることなどです。

先週は一歩手前だった紅葉に再チャレンジ旅(5) 三重の塔の裏側には、小さな池があります。池の真ん中には、石仏がお祭りされていて、その周りには、ハスの葉が生い茂り、一本のハスの花が咲いていました。 ハス... 

寝返りと言えば、徳川家康と石田三成の「関ヶ原の戦い」で、寝返りを打った人がいます。小早川秀秋は、19歳の天下分け目の戦いの時に、日本の歴史を変えるほどの寝返りを打ちました。

孫ブログ/松葉博雄の家族・好々爺日記 寝返りと言えば、徳川家康と石田三成の「関ヶ原の戦い」で、寝返りを打った人がいます。 小早川秀秋は、19歳の天下分け目の戦いの時に、日本の歴史を変えるほどの寝返りを...