土用の丑の日といえば鰻 精をつけて夏を乗り切る 大五うなぎ工房本店の鰻で 鰻弁当を作りました

投稿No:9433

土用の丑の日といえばやっぱり鰻 精をつけて夏を乗り切る 大五うなぎ工房本店のウナギで鰻弁当を作りました 土用の鰻の発案は 蘭学者で発明家の平賀源内 夏の土用に、うなぎが売れず、 困っていた魚屋さんが、... 

パソナが買収  ゆうなぎ荘(神戸製鋼所 健康保険組合 あわじ保養所) 松帆岬と松帆の浦の文化遺産と社会的価値をどうするのか? 兵庫県民、淡路市民は心配しています。

投稿No:8989

パソナが買収 ゆうなぎ荘(神戸製鋼所 健康保険組合 あわじ保養所) 松帆岬と松帆の浦の文化遺産と社会的価値をどうするのか? 兵庫県民、淡路市民は心配しています。 神戸製鋼所 健康保険組合 ゆうなぎ荘 ... 

淡路市 魚屋さん「魚佐太(うおさた)」 平賀源内が広告でうなぎを 土用の丑の日に食べるように流行らせたように 魚屋さんが流行るのは、工夫とサービス精神です。

投稿No:7874

淡路市 魚屋さん「魚佐太(うおさた)」平賀源内が広告でうなぎを 土用の丑の日に食べるように流行らせたように 同じようにお魚を売っていても、お店がどんどん大きくなるお店と、あまり変わらないお店の違いは、... 

三重県の松坂と明和にある「うなぎまつもと」の蒲焼きは絶品です。【従業員投稿】

うなぎまつもとでは新鮮な鰻を頂けます。皮はパリパリ、中はふんわり、秘伝のタレが人気の秘訣です。 三重県多気郡に、鰻の専門店『うなぎ まつもと』明和店があります。 神戸からは遠いですが、行く価値ありです... 

さんぷら通信のうなぎの記事を書くために、三宮のうなぎの青葉に行って食べてきました。

うなぎの蒲焼きを使った、ひつまぶしと、鰻重とでは、どちらの方がうなぎの蒲焼きの量が沢山入っているのでしょうか? さんぷら通信8月号を何の記事にするか考えていると、ふと浮かんだのは、8月と言えば土用の丑... 

うなぎの青葉でひつまぶしを食べた日に、民進党代表選挙では、蓮舫氏が選出されました。社長ブログ神戸/惜しいお店/鰻 青葉

うなぎを食べたのは、いつの日が最後だったのか、思い出してみれば、8月の暑い丑の日のころです。 それ以来、うなぎの蒲焼きを食べていません。 そこで、その話をしたとたんに、 私もそう!と、奥さんと娘二人が...