ブラック・エレファントと呼ばれる新型コロナウイルス コロナ対策は免疫力を高める食事で

投稿No:8628

ブラック・エレファントと呼ばれる新型コロナウイルス 免疫力アップで新型コロナウィルス感染を防ぐ

ブラックスワン(Black Swan)とは

 

従来、スワン(白鳥)は白色と信じられていましたが、

オーストラリアで黒いスワンが発見されたことにより、鳥類学者の常識が大きく覆されました。

これにちなんで、確率論や従来の知識や経験からは予測できない極端な事象が発生し、

それが人々に多大な影響を与えることをブラックスワンと呼んでいます。

具体例としては2008年のリーマンショック、

最近では2016年6月の英国EU離脱、

12月のアメリカのトランプ大統領当選などが挙げられます。

出典 Wikipedia

ホワイトエレファント( White Elephant)とはに

水, 自然, 公園, 反射, ツリー, 川, プール, アウトドア, 湖, 観光, 象, 魅力, 旅行

巨大な白色の事物を指す比喩的表現です。

「無用の長物」「巨費を投じながら目ぼしい成果が得られなかった計画」の意味で用いられています。

出典 Wikipedia

ブラック・エレファント(Black Elephant)とは

「新型コロナウイ...」の画像検索結果

新型コロナウイルスを「ブラック・エレファント」(Black Elephant)と呼んだのは2012年の共和党大統領候補

に指名されたミット・ロムニー上院議員(ユタ州選出)です。

ブラック・スワンとホワイト・エレファントとを合体させた造語で、

環境保護団体などがしばしば使っています。

想像を絶するような巨大なインパクトを与える現象を指します。

新型コロナウィルス対策はバランスの取れた食事をとり、免疫力を高める事です。

新型コロナウイルスを、ブラック・エレファントつまり、想像を絶するような巨大なインパクトを与える現象と

言ったのは、うまい表現です。

ブラック・エレファントから身を守るには、食事で免疫力を高める方法があります。

コロナウィルス感染症のリスクを下げるための、食事が多く紹介されています。

何よりも大事なのは、バランスの取れた食事をとり、免疫力を高める事です。

免疫を高めるには、ビタミンやミネラル、食物繊維、たんぱく質、抗酸化物質を取り入れるために、

毎日多くの新鮮な未加工食品を食べたら良いようです。

また、十分な水を飲むということが基本となります。

その基本をベースとし、調べた情報をもとに、免疫力アップの食事をご紹介したいと思います。

免疫力を上げるには

免疫に関わる白血球を活性化させ、体温を上げて戦闘態勢になってもらう必要があります。

栄養状態が悪化したり、運動不足になると免疫力は下がってしまいます。

食生活が乱れ、運動不足になりやすい状態の今こそ、食事を見直すチャンスかもしれません。

毎日、新鮮で加工されていない食品を食べる

果物、野菜、豆類、ナッツ類、全粒穀物、および肉、魚、卵、牛乳などの

動物性食品を摂取するよう心がける。

軽食には、砂糖、脂肪、塩分の多いものではなく、生野菜と新鮮な果物を選ぶ。

野菜や果物には手を加えすぎない(重要なビタミンが失われてしまうことがあるため)。

缶詰や乾燥野菜、ドライフルーツは、塩や砂糖が添加されていないタイプを選ぶ。

これが、免疫力アップにつながります。

毎日、十分な水を飲む

水は生命にとって不可欠です。

血液中の栄養素や諸成分を運搬し、体温を調整し、老廃物の除去などにかかわり、

関節のクッション機能にも関与します。

毎日8~10カップの水を飲むようにするのがいいそうです。

摂取するのは水が最適ですが、レモンジュース(水で希釈した無糖タイプ)、紅茶、コーヒーなどの飲み物、

または果物や野菜をジュースとして飲むのも良いそうです。

ただし、過剰にカフェインを摂取しないよう注意しましょう。

また、甘味料で加工されたフルーツジュース、シロップ、濃縮果汁、炭酸飲料など、砂糖を含んでいる飲み物も

避けたほうがいいです。

たんぱく質を十分に摂る

運動をしている時はタンパク質を意識して摂っている人も、運動の機会が減ると、

それほど必要ないと考えがちです。

また、簡単な食事は炭水化物に偏る傾向があります。

運動していなくても毎食、肉、魚、卵、大豆製品類を1種類以上摂り、体重当たり1.2g以上のタンパク質は摂るよ

うにしましょう。

緑黄色野菜を積極的に食べる 

緑黄色野菜は粘膜を強くし、抗酸化作用もあるビタミンA、Cが豊富です。

白血球も酸化を防ぐことで機能の低下を防ぐことができます。

野菜の中でも、アブラナ科の野菜(ブロッコリー、小松菜、キャベツ、白菜、チンゲン菜、カブ、大根など)

は、「イソチオシアネート」という成分が含まれており、

免疫力を上げ、殺菌作用があるといわれています。

脂肪分は適量を摂取する

飽和脂肪ではなく、不飽和脂肪を摂取する。

飽和脂肪は、脂肪の多い肉、バター、パーム油、ココナッツオイル、

クリーム、チーズ、ギー、ラードなどに含まれます。

不飽和脂肪は、魚、アボカド、ナッツ、オリーブオイル、大豆、ヒマワリ油、

コーンオイルなどに含まれています。

赤身の肉ではなく、低脂肪の白身の肉(例えば家禽)と魚を選ぶといいです。

加工肉は脂肪や塩分が多いため避けましょう。

牛乳や乳製品については、なるべく低脂肪タイプを選択しましょう。

工業的に生産されたトランス脂肪を避ける。

トランス脂肪は、加工食品、ファーストフード、菓子、フライ、冷凍ピザ、パイ、

クッキー、マーガリン、スプレッド(パンなどに塗るもの)などに多いようです。

塩や砂糖を控えめにする

料理の際、塩および高ナトリウム調味料(例えば醤油、魚醤)を使いすぎないことです。

1日の塩分摂取量を5g(小さじ約1杯)未満として、ヨード添加塩を使用しましょう。

塩分と砂糖が多い食品(菓子など)は避けましょう。

ソフトドリンクやソーダ、およびその他の砂糖を多く含んでいる飲料(フルーツジュース、濃縮果汁、シロッ

プ、フレーバーミルク、ヨーグルトドリンクなど)の摂取を制限しましょう。

間食をとるなら、クッキー、ケーキ、チョコレートなどの甘いもののかわりに、新鮮な果物を選択しましょう。

【出典:スポーツ栄養

免疫力を高める食材

・免疫力アップ食材「きのこ」

きのこに豊富に含まれるβ-グルカンには、免疫細胞に刺激を与えて活性化させる効果があります。

なかでも、マイタケはMDフラクションという成分も含まれていて免疫力アップにうってつけだそうです。

きのこの栄養素は水溶性のものが多いので、免疫力アップの効果を高めるには、

汁ごと摂取できる味噌汁などの料理がオススメです。

・免疫力アップ食材「生姜」

生姜を加熱すると、免疫力を向上させるショウガオールという成分が生成されます。

・免疫力アップ食材「ヨーグルト」

ヨーグルトで乳酸菌を摂取すると、免疫細胞が集まる腸内環境が正常になります。

すると、免疫細胞が活性化して免疫力アップにつながります。

ヨーグルトの乳酸菌は胃酸に弱いので、胃酸が落ち着く食後に食べるのがオススメ。(※製品により異なります)

さらに、ヨーグルトにハチミツを加えると、ハチミツのオリゴ糖が乳酸菌の働きを助けてくれます。

まとめ

新型コロナウイルスは、ブラック・エレファントと呼ばれるように

100年に一度起きるかどうかほどの想像を絶するような

巨大なインパクトを与える現象のようなので、

私達は、3密を避けるとか、マスク、うがい、手洗いの励行と並んで、

食事、食材で免疫力を高めることも大切なことです。

新型コロナウイルス 関連記事 アーカイブ

 

2020年5月16日(土)