淡路市 富島のめだか店 メダカ人気で メダカ泥棒が流行っているようです。ご用心!

投稿No:8596

メダカ人気で 大切に育てたメダカを車でごっそり持っていかれて、大ショックだったそうです。

メダカ人気で 盗難事件

コロナウイルスの流行のため、

家に引き籠って感染予防に努めています。

外出は、食料品の買い物に行くときです。

車で買い物に移動中、

めだかを飼育している家がありました。

車を走行中でも、

めだかの飼育をしていたら、気が付くのです。

めだか養殖家には沢山のポリバケツ

目立つのは、ポリバケツの容器を、

いくつも並べているからです。

これはメダカ養殖の特徴です。

車を止めて、様子を見てみます。

やはり、めだかの養殖家のお家でした。

麦わら帽子を被ったおじさんが一人で、

めだかのお世話をしていました。

メダカを見せて下さいと、声をかけると、

気軽に良いですよと、言ってくれました。

どんなメダカなのか、網ですくって、

透明な水で見せてもらいました。

青幹(みゆき)でした。

めだか 種親は四国、岡山で購入

種親は、四国、岡山にまで購入に行っているそうです。

1ペアで、2万円から3万円もする種親を買ってきて、

そのペアから、沢山の子供を繁殖させているようです。

メダカを沢山飼っていると、段々と人が寄ってきて、

メダカを分けて欲しいと頼まれるそうです。

メダカ泥棒は昼間に下見に来ている

人が集まると、噂にもなって、

怪しい人も混じってきます。

めだか泥棒は、

めだかの愛好家の中に混じって、やって来ています。

昼間に下見をして、値踏みをしてから、

夜中にやって来たそうです。

つい最近、夜中にメダカ泥棒にめだかを

50ケース程、盗まれたそうです。

夜中に、車でやってきて、

めだかを掬い取って、盗んでいきました。

大切に育ててきたメダカを、

ごっそり持っていかれて、大ショックだったそうです。

そのあと、監視カメラを設置して、盗難に備えています。

めだか泥棒は、よく聞く話です。

それだけ、めだかが注目されていることになります。

買い物途中で、寄ったメダカの繁殖家でしたが、

親切に、色々と見せて頂けました。

めだか 関連記事 アーカイブ

 

2020年4月14日(火)