姫路塩田温泉 上山旅館に泊まってみると(1)

姫路塩田温泉 上山旅館の露天風呂は、池のようなお風呂です。姫路塩田温泉 近隣ツアー(1)

姫路塩田温泉の上山旅館に泊まりました。

塩田温泉 上山旅館を選んだのは、インターネットの兵庫県の温泉を紹介するサイトからです。塩田温泉を選んだら、次は、どんなところへ泊まるかの選択になります。

塩田温泉 上山旅館

大勢の団体客を引き受ける、ホテル風の温泉宿もあれば、ややひなびた和風の温泉宿もあります。松葉博雄は、ホテル風よりも和風を選びました。

カーナビを頼りに、塩田温泉の温泉地に入っていくと、ひときわ立派な、ホテル風の温泉宿が見えました。

塩田温泉 上山旅館

今夜泊まる塩田温泉 上山旅館は、和風なので、もっとこじんまりした宿を選んでいます。塩田温泉の上山旅館です。

塩田温泉 上山旅館

大きな道路から上山旅館に繋がる、細い道路に入って行くと、いきなり大型トラックが向こうからやって来ました。とても、すれ違う道幅がありません。仕方がないので、信号のところまで、後ずさりで、バック進行です。

いつか見た、「瘋癲の寅さん」の映画では、お嫁に行く花嫁さんが乗っている車は、絶対に後ずさりしてはいけないそうです。

そんなことを思い出しながら、信号まで後ずさりをすると、大型トラックの運転手さんは、いかにもすみませんといった態度で、手を振ってお詫びがありました。

塩田温泉 上山旅館

上山旅館に入って、部屋に通されました。サービス係の女性が、宿帳を持って来て、住所氏名の記入をするように、求められました。

塩田温泉 上山旅館

部屋には、旅の宿の記録があり、記録帳には、これまで泊まった宿泊客が、自由に感想を書いています。何冊か走り読みをしていました。

塩田温泉 上山旅館

驚いたのは、新婚旅行に上山旅館に来て、松葉博雄が通された、この部屋が新婚旅行の旅の宿だったとの記帳がありました。

塩田温泉 上山旅館

そうすると、新婚旅行に来て、上山旅館のこの部屋に通された2人は、サービス係の人がやって来て、「宿帳を書いて下さい」と言われたときに、どんな具合に書くのでしょうか?

サービス係の人が、お茶を入れたり、宿の説明をしてくれたり、あれやこれや声を掛けてくれると、新婚旅行の2人には、「早くこの人、あっちに行ってくれたらなぁ」と思っていたかもしれません。

塩田温泉 上山旅館

こういう点では、ホテル風の温泉宿の方が気が利いているかもしれません。几帳面に旅の宿を書いている人が多く、読んでみると、概ね「上山旅館が良かった」という感想です。

塩田温泉 上山旅館の何が良かったかと言えば、温泉の湯質、夕ご飯と朝ご飯、サービス係の親切さが中心です。

「また来たい」という意見もありました。中には、住所までちゃんと書いてあり、これを頼りにすれば、家まで訪ねられるほと詳しく住所氏名が記載されていました。

塩田温泉 上山旅館

さて、楽しみの温泉ですが、露天風呂に行ってみます。旅日記にも「露天風呂が良かった」と書いていました。

塩田温泉 上山旅館

上山旅館の露天風呂は、神社にお詣りする、山道、坂道を登るような小径があり、石段があるものの、雨の日なら、傘もいり、足下が濡れていれば滑りそうな山道です。

塩田温泉 上山旅館

山道を登り詰めて、露天風呂の施設がありました。

塩田温泉 上山旅館

中は、まるで、京都の名庭の池のようです。

塩田温泉 上山旅館

遠くでお湯を沸かし、配管を通して、山の上の露天風呂までお湯が運ばれています。

塩田温泉 上山旅館

紅葉の葉が、頭に届くほど、低く垂れ下がり、11月の紅葉の頃なら、きっと素晴らしい紅葉になると思います。

塩田温泉 上山旅館

露天風呂から上がって、部屋に戻ると、外を見ると、チェックインが午後3時で、周りはまだ明るく、窓から、山の方向を見ると、先程から何度も、兵庫県警のパトカーが、何回も来て、パトカーを停めては、この先通行止めのガードの点検をしています。

塩田温泉 上山旅館

これはきっと何かあるなと、好奇心が沸いてきました。

 2010年6月3日(木)