「おうご農園クラブ」で大根を買って、沖縄の恩納村前兼久の山城安子さんに教えてもらった、「大根のわさび漬け」に挑戦してみます

今日は定休日なので、自宅で過ごしています。

大根のわさび漬け

沖縄の恩納村前兼久の山城安子さんに教えてもらった、大根のわさび漬けに挑戦してみます。

大根のわさび漬け

近くにある、「おうご農園クラブ」に行って、新鮮な大根を買ってきました。

大根のわさび漬け

今年の大根は、とても値段が安く、1本100円程度です。

大根のわさび漬け

大根を3つ切りにし、皮むき器で大根の皮を剥きます。

大根のわさび漬け

その後は、食べやすいような一口サイズに細かく切っていきます。

大根のわさび漬け

調味料は、砂糖、粉わさび、塩、そして、缶ビールです。

大根のわさび漬け

それぞれを教えてもらった分量で調合するように、秤にかけて、分量を量っています。

大根のわさび漬け

調味料が、調合できると、先ほど切った大根をガラス瓶に入れて、その上から、調味料を掛けて、しばらく瓶詰めにした状態で、わさび味が浸透するのを待ちます。

大根のわさび漬け

大根のわさび漬け

カビが生えないように、ちゃんと瓶も熱消毒しています。

大根のわさび漬け

梅酒を漬ける様な大きなガラス瓶に入った、大根と、調味料は、うまく味が折り合うでしょうか?

大根のわさび漬け

早ければ、2日ぐらいで、食べられます。わさびは、教えてもらった量より、少し控えめにしてみました。後から、わさびを足すことも可能です。あまりわさび味が強いと、寿司のときに、鼻をつまむほど強いと、食べなくなるからです。

 

2008年1月17日(木)