幻の焼酎「赤霧島」を頂きました。早速、賞味してみます

赤霧島とは芋焼酎「黒霧島」で有名な霧島酒造が作っている焼酎で、霧島酒造が長年探し求めた、”幻の紫芋”で作った焼酎です。

** **
霧島酒造が長年探し求めた、 ”幻の紫芋”で作った焼酎です

昭和の終わり、 鹿児島県の山川町で、中心部まで濃い紫色の色素が入り込んでいる新たな芋の「山川紫」が偶然発見されました。

** **
最も醸造特性が高かった芋が、「赤霧島」の原料です

この「山川紫」からいろいろと焼酎の新品種が開発されましたが、その中で最も醸造特性が高かった芋が、「赤霧島」の原料である、ムラサキマサリ(紫優)です。「黒霧島」は、よく飲まれている焼酎ですが、原料となる種類の紫芋の収穫量が限られているので、この「赤霧島」は限定販売となっているそうです。

** **
この「赤霧島」は限定販売となっているそうです

まず、最初に、お湯で割って飲んでみました。次に、梅干を入れて、梅干をつぶして、梅味で飲んでみました。毎日の晩酌のコースは、まず、スーパードライの生の缶ビールを食事と一緒に飲み、しばらくして、焼酎とか、泡盛、ワインなどに、移って行きます。本当に、まず、最初に「赤霧島」をストレートで飲んでみると、どんな味わいになるか、少しずつ、ちびちびと分割して味わっていきたいと思います。幻の、なかなか入手しににくい、噂の「赤霧島」なので、何か祝い事の時に、封を切りたかったのですが、頂いたらすぐに飲み始めてしまいました。

2007年12月18日(火)