奥さんの誕生会は紫匂(しこう)のふぐ料理です。フグにあたったら、民間療法では、「土に埋める」と言われています。

奥さんの誕生会は紫匂(しこう)のふぐ料理です。

奥さんの誕生会は紫匂(しこう)のふぐ料理です。

夜、家族でお誕生日お祝いの食事会を行いました。

JRの高架のすぐ山側にある、「紫匂(しこう)」のフグのコース料理

お店は、三宮と元町の間ぐらいにある、

JRの高架のすぐ山側にある、「紫匂(しこう)」です。

JRの高架のすぐ山側にある、「紫匂(しこう)」のフグのコース料理

今夜のメニューは、フグのコース料理で、

最初に、春を告げる白魚と菜の花のお料理から始まります。

伊万里焼の大皿に、綺麗に並べられたフグのてっさ

伊万里焼の大皿に、綺麗に並べられたフグのてっさ

伊万里焼の大皿に、綺麗に並べられたフグのてっさは、

1枚1枚、皿から剥がすように、箸で取り出し、

細ネギを巻いて、食べると、よく合います。

フグ鍋をいただきました

フグ鍋をいただきました

フグ鍋は、身の部分よりも、骨や、筋に付いた、

ぐちゃぐちゃした方が、美味しくて、ほじくりながら、

しゃぶりながら、食べる方が、お行儀は悪くても、美味しいのです。

フグ鍋をいただきました

天然フグと、養殖フグの漁獲量の差を知っていますか?

フグ鍋をいただきました

天然のフグは、長崎県が1339トンで、トップです。全国の16%の漁獲量です。

フグ雑炊

2位は福岡県で、8%、3位は愛媛県の7%となっています。

フグ雑炊

一方、養殖フグは、長崎県が1635トンで、全国の30%の漁獲量です。

2位は熊本県で28%、3位は愛媛県で44%です。

天然フグが、8329トンに対して、養殖フグは5389トンとなっています。

一方、消費は、大阪が全国の6割のフグを食べています。

大阪と言えば、フグですね。

そういえば、道頓堀を歩けば、「ずぼらや」の看板が目を引きます。

これもちゃんと、数字で出ているのですね。

デザート

こんなフグに関する雑学を話しながら、今夜のお誕生会は進んでいます。

美味しいフグは、細く切った皮が、張りがあっていいですね。

昔、フグに中って、中毒症状を起こした時には、土を掘って、首から上だけ出して、

土に体を埋めておけば、フグの毒が消える」と、聞いていました。

本当でしょうか?これは、民間療法であり、迷信でもあるので、信じないで下さい。

今夜は「紫匂」のフグコースで、家族の楽しい団欒がありました。

飲んだお酒は、ビール、ひれ酒、焼酎、ワイン、梅酒などが、

それぞれの好みの注文で、テーブルに出ていました。

松葉博雄は、ビールを主飲料にし、少し、焼酎を頂きました。ご馳走様でした。

 

2007年2月16日(金)