JR新快速に乗って、姫路を経て造船の町相生市へ近隣ツアーに行ってきました。

2006年11月2日(木)

今日は、車で行く近隣ドライブではなくて、近隣ツアーです。

JRの電車で相生に行くことにしました。途中見える、我が社の「さんプラザコンタクトレンズ」の窓です。

JRに乗って、新快速で行きます。

相生ツアー

三ノ宮で新快速で乗り換えると、新快速は姫路までです。姫路から普通電車に乗り換えて、相生に着きました。

相生ツアー

相生ツアー

相生の駅に降りると、駅前なのに、人影がまばらです。「どこに行こうか、誰かに尋ねて、おいしい店はどこか?」と調査したいところですが、尋ねる相手もいません。

仕方がないので、駅前の南側の方に、お店を求めて歩いてみました。

お昼時になったので、相生の「これなら正解」
と言えるおいしい店に入りたいのです。何しろ、値段の問題だけでなく、昼食は1回しか食べられないので、食べた後から見つけても後悔するだけになるのです。

相生ツアー

どこに行ってお昼を食べようかと迷っていると、駅のすぐ隣に屋台村がありました。

この屋台村に入って、様子を見ることにします。

その、屋台村の中で、「魚ぎょ亭」のお店にお客さんがいて、魚ぎょ亭のお客さんが、「ここはおいしいよ」と誘ってくれたので、魚ぎょ亭に入ってお魚をいただくことにします。

相生ツアー

お店のカウンターと言っても、夜になったら屋台の扉になるような、極めて簡素なカウンターですが、そこの右と左の両端に、一人ずつおじさんがお魚を食べていました。

左側のおじさんは、誘ってくれたのです。そして、今食べているお刺身を、「あんたも食べなさい」と分けてくれました。

松葉博雄としては、このような庶民性が好きなので、このお店にすることにしました。お店の主人は、注文を聞くと、早速調理に取り掛かります。

相生ツアー

作ってもらったのは、ハゲのお刺身です。この他、鰆のお刺身も作ってもらいました。カマスは焼いていただきました。まず、何がなくても、最初はビールです。

相生ツアー

ビールは450円で、ジョッキーのサイズは、やや中瓶にしては、大きいので嬉しくなりました。

相生ツアー

ハゲの煮たものは、肝がおいしいので、肝からいただきます。

相生ツアー

看板を見ると、魚ぎょ亭の定食は600円です。600円で、ご飯、小鉢、魚汁物、漬物、そして、煮魚か焼き魚が出るのです。「これなら、安い」と思って、大盤振る舞いの注文になりました。

相生ツアー

向かいには、こだわりの豆腐「立巳豆腐」がありました。

相生ツアー

何にこだわるのか、まだ分かりません。「豆腐があったらいいなぁ」と奥さんの提案で、松葉博雄は、向かいの店に豆腐の注文に行きました。豆腐を冷奴にして、お皿に入れて届けてくれました。150円です。

相生ツアー

魚ぎょ亭の隣は、たこ焼き屋さんです。お客さんは誰もいません。

相生ツアー

相生ツアー

一緒に飲んだ右側のおじさんは、80歳を超えてなおかつ元気な方です。

相生ツアー

相生で会社経営をされていたそうですが、今は引退して、ほとんど毎日飲み歩いているとのことです。

相生ツアー

おじさんとお話をしながら、刺身、魚、ビールをいただきました。

相生ツアー

このおじさんは、まだまだ話し相手になってほしかったようですが、十分にお魚をいただきましたので、お店を出て行きます。ご馳走様でした。

相生ツアー

あれやこれや、目の前に冷やしている、魚や魚貝を指差して、注文して、これだけ食べても、3000円ちょっとでした。

相生ツアー

ビールを2杯飲んで、お魚を一杯食べて3100円ちょっととは安いですね。

相生ツアー