相生市の観光 天満神社、相生旧商店街、光明寺、道の駅相生

仕方がないので、行く先も決めないまま、今から出る一番近い時間の神姫バスに乗ります。バスの運転手さんに、どこに行くのか訪ねながら行きます。

相生ツアー

「どこに行こうかなぁ」と考えたすえ、終点まで行くことにしました。終点の駅は相生港です。

相生ツアー

相生港に着きました。これが終点です。

相生港に着くと、どこに行こうかと、四方八方を見て、人気がある方に行ってみました。

人気のある方向は、相生の旧商店街でした。旧商店街を歩いていると、相生の古い面影が残っています。

道は狭く、古い民家が並び、瀬戸内海の竹原市のような雰囲気がありました。

相生ツアー

この狭い路地で、魚屋さんを見つけました。おいしそうな穴子を炭で焼いています。このにおいがたまりません。

炭火で、甘い醤油だれを付け焼きしながら焼いているので、もうすぐご飯があれば、そのまま食べられそうです。

相生ツアー

この匂いに釣られて、穴子の炭焼きを買いました。10本で2000円弱でした。少し安いなぁと思ったら、お店のおばさんが「痩せとるけん」と言いました。つまり、細いので、安いのだということです。

相生ツアー

軒下には、干したデビラが4本の串が吊るしているのが、値段を聞けば、4本を束ねて、全部で1000円です。これも買うことにしました。デビラがカルシウムの補強になることと、ビールのつまみにはとってもよく合うのです。おうちに帰ると、すぐに、金槌でたたいて、デビラの骨を砕いて、冷蔵庫に入れておけば、1ヶ月は持つということです。

相生ツアー

すぐ近くには、これから秋祭りがあるようで、のぼりが立って、屋台作りの準備をしています。

相生ツアー

神社は、菅原道真公を祭る、天神様のようです。ちょっとこちらにお参りに行くことにしました。天神様の周りには、屋台の準備がどんどん進んでいます。

相生ツアー

神社に上がってお参りしてきます。天神様といえば、学問の神様なので、「論文がうまく書けますように」と100円を入れて拝みました。

相生ツアー

100円でそんないい論文が書けると思いませんが。

相生ツアー

相生の町は、昔の港町の面影の残った古い塀があります。

相生ツアー

兵庫県の室津港にも似た風情です。

相生ツアー

古いお家の屋敷どおりには、今出会ったばかりのおばさんばかりが立ち話をして、なかなか終わりません。

相生ツアー

写真を撮るのに、ちょっとおばさんが行ってからと思っていたのですが、なかなか立ち話が終わらないので、そのまま写してしまいました。

相生ツアー

相生町3丁目にやってきました。古いお寺の光明寺が、堂々とそびえています。周りは駐車場になっていて、駐車場にはあまり車が止まっていません。きっと夜になったら帰ってくるのでしょう。

相生ツアー

鐘楼も、いかにも古そうな作りで、そのうち重要文化財になりそうです。

相生ツアー

相生ツアー

光明寺のお参りが終わると、こんどはどこに行きましょうか?

相生ツアー

相生の昔の町は、埋め立ててしまって、面影がかなり小さくなってしまっています。

相生ツアー

バスの乗り場の降りたところは、埋立地で荒涼としています。

相生ツアー

相生のマークは、下水の蓋にもありました。ペーロン祭の絵柄です。

相生ツアー

見えるところに道の駅相生があり、ここには温泉があるので、入りたいのですが、タクシーも通らないし、歩いて行くには遠いので、もう帰ることにしました。昔から、近くて遠いのは田舎の道で、遠くて近いのは男女の仲ということです。

相生ツアー

行くところもないので、これで終わります。また来た道を通って、相生駅に帰ります。そして、電車に乗って神戸に帰ります。

相生とJR三ノ宮は1時間。実に早いものです。このように、車を止めて、電車で近隣ツアーに行くと、思うときに思うようにビールが飲めることが分かりました。