南あわじ市の美菜恋来屋(みなこいこいや)は、兵庫県最大級の農畜水産物直売所です。

但馬牛は淡路島で育てられ、神戸ビーフと淡路ビーフにブランドが分かれます。

美菜恋来屋(みなこいこいや)は、イングランドの丘のそばにあります。

イングランドの丘には2016年に訪れています。

美菜恋来屋(みなこいこいや)は、兵庫県最大級の農畜水産物直売所です。

生産者がお店に持ち込んで委託販売をする形式は、道の駅、JAなどがあります、

このほかにも、美菜恋来屋(みなこいこいや)のように、地方公共団体が協賛した販売店もあります。

主婦にとって嬉しいのは、一か所で農産物・水産物・畜産物などの商品をワンステップで買えることです。

それには、広い販売面積が必要となります。

美菜恋来屋(みなこいこいや)は、かなり広い売り場面積です。

U君とMちゃんは、主婦の立場より、こどもの立場で、何かいいものがないか探しています。

U君が見つけたのは、おかき類です。

U君のお母さんは今夜の食材をここで調達できるようになりました。

淡路牛です。

但馬牛が淡路島で飼育されて、一つのブランドは神戸ビーフになり、もう一つのブランドは、淡路ビーフになります。

何が違うのかといえば、同じ牛から出るお肉でも、それぞれ神戸ビーフの規格と、淡路ビーフの違いによって、ブランド名が決まるそうです。

神戸ビーフになると、ブランド料が入り、値段は淡路ビーフよりも、倍近くになります。

美味しいお肉をたくさん食べたければ、淡路ビーフを選んだほうが有利なようです。

Mちゃんが欲しがっている駄菓子は見つかりませんでした。

私からのおすすめで、子供たちがカルシウムをとるために、めざしを選びました。

それぞれが思い思いの買い物をして集めてみると、カートいっぱいの分量になっていました。

これで2.3日の食品は確保できました。