イングランドの丘の遊びの広場は、バラと秋桜がいっぱいです。

イングランドの丘は広くて、自転車があればサイクリングにちょうど向いている広さです。 淡路ブログ/淡路ファームパークイングランドの丘(3)

無料の列車に乗って、次に向かうのは、遊びの広場です。

この乗り物は、ただでよかったです。

移動するたびに料金がかかっていたら、家族連れには負担が大変です。

淡路島のなだらかな丘陵地を利用したイングランドの丘は、初冬の日差しを浴びて、小春日和のような穏やかなお天気です。

終点になって列車を降りると、向こうのほうには洋館がそびえています。

洋館を目指していってみます。

この洋館は、淡路島の三原地区に建てられて、役所として使われていた建物を移築したのだそうです。

中は集会所のようになって、たくさんの人がここで多様な目的で使うことができます。

イングランドの丘に来て、もうかなり歩いたので、奥さんと私は、どこかに座り込んで、休憩したいような気持ちです。

しかし、なかなか座れる場所はありません。

向こうのほうに建物があるので、そちらを目指して歩きます。

この建物は体験ホールです。

中では、パンを作ったり、ワインを作ったりする体験場所がありました。

牧場でできたハムやチーズを展示即売しています。

外ではバラの花が咲いていて、イギリス流のガーデニングに触れたような気持ちです。

幼い子供が喜びそうな、池に浮かぶ船が見えます。

白鳥の外形をした船です。

自分の足でペダルを踏んで、船を移動させています。

もし、三人の子が小学生の時代なら、あの船に乗りたいと、三人のうち誰かが騒ぎはじめ、無視するとだんだんとダダこねが始まり、とうとう折れて、5人家族であの船に乗っていたかもしれません。

秋桜が満開です。

今日は風のない穏やかなお天気なので、コスモスは風に揺れて、波のようになびく姿は見えませんが、まっすぐ背筋を伸ばしたように、凛として咲いているコスモスは、気高い感じがします。

今日は平日なので、子供連れよりは、バスツアーの客や、デイサービスで来られている方など、比較的高齢者の姿が多いように感じます。

どこか座り込む場所を探しているのですが、芝生には入らないように、警告があり、ベンチはそれほどなく、腰を下してお茶を飲むような場所を探しても、見つかりません。

思い切って、池に浮かぶ白鳥の姿をしたボートに乗れば、しばらくは座れます。

でも、この考えに奥さんは乗ってきません。

子供だましのボートに、高い料金を払うのはもったいないと思うのでしょうか?

それとも、ボートが転覆したら、どうなるかという心配の先取りでしょうか?

絵葉書のような美しい景色です。

ボートの係留地には、かなりたくさんのボートが出番を待っています。

冬が終わってまた次の春になれば、あのボートもきっと順番待ちになるくらいのにぎわいを予想します。

親が見たら、子供には見せたくない、遊戯施設がありました。

ボールの中に子供たちが入り、ボールを思い思いの方向に回転させる乗り物です。

これでも、一回利用すれば1000円です。

イングランドの丘は、幼い子供連れかデートコースなら楽しそうですが、歩き疲れた私と奥さんの二人には、歩行距離が長くて、とてもしんどいコースでした。