三原の細井鮮魚店の穴子は穴子丼に、蛸は刺身で頂きました。

アナゴと蛸の朝ごはんを食べながら考えることは、秋の始まりと、寒い朝の血圧の心配です。 社長ブログ神戸/朝食/細井鮮魚店/穴子/タコ

姉が送ってくれた三原の細井鮮魚店の蛸と穴子を使った朝食です。

穴子の食べ方には、何通りもありますが、今朝は朝食なので、手間のかからない穴子の食べ方です。

炊き立てのご飯に、温めた穴子を切って、ごはんの上に乗せます。

細井鮮魚店の穴子についていたタレをかけています。

タコのほうは、すでにゆでダコになっているので、刺身のように切って、お皿に盛りつけます。

少し秋の味覚を出すために、旬のすだちを絞って、穴子と蛸の上に数滴落とします。

これだけで、手品のように、蛸の穴子も、味は初秋の趣になるのですから不思議です。

出来るだけ塩分を控えた薄味の味噌汁と一緒に頂きます。

健康に気を付けて、血圧が上がらないように塩分の摂取には気を付けています。

毎朝、起きるとすぐに血圧を測定しています。

血圧を一年間を通して測定していると、傾向がわかってきました。

真冬の寒い時には、血圧が上がってきます。

こんな時にはお風呂に入るときに注意が必要です。

気温の高い夏や、初秋の頃は、血圧はかなり低めになってきています。

もう秋になったので、これからは気温が下がっていく一方で、間もなく暖房が必要な時期がきます。

こんな時には、数か月でも沖縄に行って越冬したいものです。

こんなことを考えながら、姉が送ってくれた三原の細井鮮魚店の穴子と蛸を頂いた後、いちじくを食べて朝食は終わりました。