広島県竹原市 道の駅たけはらの食材で、ちらし寿司です。

「道の駅たけはら」の穴子、アコウはとてもお買い得でした。  社長ブログ淡路/片山正喜さんご来訪/ちらし寿司

沖縄の友人、片山正喜さんへのおもてなしが続いています。

今夜は、広島のお墓参りに行った時に、竹原の道の駅で買ってきた食材を使った献立です。

奥さんは、ちゃんと檜の寿司桶まで購入していました。

晩ご飯の献立はちらし寿司です。

ちらし寿司に使う椎茸は、道の駅たけはらで買ってきた乾燥椎茸を、一晩水に浸けて戻したものです。

アコウ(キジハタ)も、道の駅たけはらで買いました。

穴子も、道の駅たけはらで買ったものです。

こうして振り返ってみると、道の駅たけはらの食材は、優れた食材が多かったことがわかります。

こんなに新鮮な魚や野菜が、近くで入手できたらいいなぁと思います。

八月初旬の夕暮れ時は、東の空に入道雲が湧き出て、西からの夕日を浴びています。

片山正喜さんはオーストラリアの旅の疲れが出たのか、やや鼻声です。

風邪を引いたようなので、少し元気がありません。

奥さんが寿司桶を手に、これからお寿司を混ぜます。

洋風のケーキやパイなら、この状態で上からカットするわけですが、

和風のお寿司は、しゃもじで混ぜて、具材が均等になるように混ぜ合わせます。

八月の初旬なのに、近くのお店で大きないちじくが売られていました。

4個入りの1パックで500円です。

1個がとても大きく、食べてみると糖度も充分で、とても値打ちのあるいちじくでした。

お盆を過ぎると、淡路島では無花果の出荷が始まります。

毎年、イチジク農家を訪ねて、たくさん購入しています。代表的なのは、北淡町の金崎農園です。

奥さんが、寿司桶のちらし寿司を混ぜ合わせ、お皿に取り分けてくれました。

色とりどりの具材で、片山正喜さんも大喜びです。

アコウは、1パック2匹入りだったので、1匹まるごとのアコウを片山正喜さんに、

もう1匹は二つに切って、奥さんと私が分け合いました。

アコウも素晴らしい味でした。このぐらい大きなあこうなら、お刺身も取れそうです。

日が沈む前の夕暮れ時の夕食で、沖縄の話をしながら、また、この夏のお盆休みにも沖縄に行く予定なので、片山正喜さんに、孫の男の子二人の、シュノーケリング講習をお願いしました。