正寿司で、明石海峡大橋を見ながらビジネスランチ

明石海峡大橋が見える、岩屋の「正寿司(まさずし)」で、ビジネスランチです。

正寿司で、明石海峡大橋を見ながら

ビジネスを遂行するにあたり、専門的な情報を修得することが、

ビジネスを有利に進める、知識・情報の資源になります。

今日は、税理士の専門的知識と多くの医療機関を顧客にもつことで、

類似企業の情報を持っている税理士の先生に、お話を伺います。

場所は淡路島の岩屋にある「正寿司(まさずし)」です。

正寿司のすぐ前には、神戸水産のちりめんを干す、加工場が見えています。

神戸水産では、よく、ちりめんを購入しています。

正寿司での昼食ですが、車で来ているのでビールは頂きません。

正寿司は、奧さんのお気に入りのおすし屋さんです。

奥さんは、正寿司がお気に入りです。

魚が良いことと、シャリのサイズが小さいのがお気に入りです。

予約しないと、なかなか席が取れないのが難点です。

正寿司は、握った寿司がすぐ出ません

正寿司のお寿司の出し方は、例えカウンター席に座っても、

コースを選ぶと、全てのにぎりが出来る迄ずっと待たされます。

そして、コースの握りが一つの皿に盛られて一度に出てきます。

一つ一つの握りは美味しいのですが、一度にどんと出てくるので、

ここのところは、にぎりのネタ別に、出来たものから順に出た方が、

間もちがいいのになぁと思います。

正寿司で、明石海峡大橋を見ながらビジネスランチ

今日のビジネスランチの話は、主に税務のことです。

税理士の先生は、今日はご夫妻で来られています。

淡路島に来られるのは初めてのようで、

普段は正寿司の窓から見える明石海峡大橋は車で渡っていて、

淡路島は通り抜ける通過点のようです。

ビジネスの情報なのでブログには書けませんが、

かなり貴重な情報交換が出来ました。

本を読んで得られる情報もあれば、

専門知識を持った方にお会いして得られる情報もあります。

聞いて得られる情報は、質問も出来るので、

臨場感のある勉強になりました。

淡路島寿司 関連記事 アーカイブ

2016年7月21日(木)