魚町コンタクト 渡部敏信会長から連子鯛が届きました。

魚町コンタクト 渡部敏信会長は海釣りがお好きです。 社長ブログ神戸/お歳暮 魚/魚町コンタクトの渡部敏信会長

魚町コンタクト 

魚町コンタクトの渡部敏信会長から、嬉しい贈りものがありました。

渡部敏信会長は海釣りがお好きなようで、先日今年最後の釣りに行かれたそうで、その時釣り上げた鯛やキアラを、冷凍して送ってくれました。

鯛は連子鯛です。とてもキレイな色をしています。

よく見ると、主婦が嫌がる魚の下処理が、既に終わっています。

外側の鱗を取り、臓物を取り出してくれています。

もう、すぐに調理にかかれる状態です。

コンタクトレンズの販売店の経営者は、これまで地域で孤立して戦ってきました。

地域の同業者は、皆、競争関係にあるライバルです。

松葉博雄も、三宮ではそうでした。

三宮の地域では、同業者が一緒に食事をしたり、飲んだり、話したりする場はありません。

そこで、同じ仕事をしている同業者のオーナー達は、共通の話が出来るような、仲間意識が育つ場を作ろうと、私から提案して、毎年場所を変えてお会いしています。

少しずつ打ち解けてきて、これまで親交のなかった同業者の人達と親しくなることで、このように魚が釣れたからあげるねと、親切に送って頂けるような仲が育ってきました。ありがとうございました。

2015年12月27日(日)

魚町コンタクト 頂いた大きな鯛は焼けず、煮られず、蒸しました。 社長ブログ神戸/手作り料理 鯛料理

北九州市小倉北区の魚町コンタクトの会長である渡部敏信さんが、玄界灘で釣り上げた鯛を贈ってくれていました。

冷凍していたので、年を越して長持ちしています。

どのように料理しようかと、奧さんが考えました。

かなり大きなサイズなので、この鯛を丸ごと煮るだけの大きな鍋はありません。

そこで考えたのは、蒸して食べようということになりました。

鍋の底に水を張り、その上に大皿をのせる陶器を置き、大皿の上に鯛をのせて、下から加熱して蒸しています。

うまくいきました。IHのグリルでは、こんな大きな鯛は入りません。

奧さんと二人だけなので、こんな大きな鯛を二人で食べきるのは、やや難しかったです。

一緒に頂くのは、ほうれん草のおひたしです。

奧さんは、ポトフを作っています。

せっかく作ってもらったポトフですが、鯛をビールと一緒に頂いていると、もうこれだけでお腹が一杯で、ごはんも要らないくらいです。

結局、ポトフは明日の朝に先送りして、今夜は渡部さんの釣った鯛でお腹いっぱいになりました。

2016年1月

大きな鯛は焼けず、煮られず、蒸しました。 社長ブログ神戸/手作り料理 鯛料理

北九州市小倉北区の魚町コンタクトの会長である渡部敏信さんが、玄界灘で釣り上げた鯛を贈ってくれていました。

冷凍していたので、年を越して長持ちしています。

どのように料理しようかと、奧さんが考えました。

かなり大きなサイズなので、この鯛を丸ごと煮るだけの大きな鍋はありません。

そこで考えたのは、蒸して食べようということになりました。

鍋の底に水を張り、その上に大皿をのせる陶器を置き、大皿の上に鯛をのせて、下から加熱して蒸しています。

うまくいきました。IHのグリルでは、こんな大きな鯛は入りません。

奧さんと二人だけなので、こんな大きな鯛を二人で食べきるのは、やや難しかったです。

一緒に頂くのは、ほうれん草のおひたしです。

奧さんは、ポトフを作っています。

せっかく作ってもらったポトフですが、鯛をビールと一緒に頂いていると、もうこれだけでお腹が一杯で、ごはんも要らないくらいです。

結局、ポトフは明日の朝に先送りして、今夜は渡部さんの釣った鯛でお腹いっぱいになりました。

魚町コンタクト 関連記事 アーカイブ

2016年1月