目に青葉 山ほととぎす 初鰹 というように、5月になると、鰹が美味しい季節になってきます。

命のはかなさです。若葉に幼虫が宿り、幼虫に小鳥が集まり、一瞬にして幼虫は、小鳥のくちばしに、飲み込まれます。

「目に青葉 山ほととぎす 初鰹」 というように、5月になると、鰹が美味しい季節になってきます。

沖縄に行くと、本部では、鯉のぼりに、鯉ではなくてカツオを使っている所もあります。

松葉博雄は、かつおから作る、かつお節が大好きです。カツオ節を、花カツオで食べるのも好きです。

松葉博雄の、松葉章一父と、松葉登美子母は、花かつおを、茶碗にひとつかみ入れて、その上から、醤油を少し落とし、熱湯をかけると、見事に美味しいかつおスープが出来て、鰹スープを飲んでいたことを思い出します。

一緒に、カツオスープを作って飲んでいたので、その頃の幼い時に、かつお節が高価でも、とっても美味しいものだと、刷り込みがあり、今でも嗜好品になっています。

かつおを削って、他の小魚や、昆布などと一緒に煮込んだ、佃煮も好きです。

花カツオが好きだと言いながら、使っている花けずりを見れば、なんと、鹿児島県枕崎産の、まぐろでした。

鰹の生節も好きです。最近は、道の駅や、高速道路の売店で、生節をパックして売っています。

この生節は、軟らかくて、堅い鰹を、かつお削り器で、まるで昔の大工さんが、カンナを掛けるような、かつお節の削り方に比べると、ペティナイフでも、簡単にそぎ落とすように削れます。

パッションフルーツゼリーは、デザートで頂いています。パッションフルーツに替わって、あんこを使えば、水ようかんになりそうです。水ようかんなら、絶対に頂きません。

目に青葉 山ほととぎす 初鰹 で思い出すのは、青葉、若葉が茂るころ、木の茂みの中に入ると、葉の裏には、毛虫が大量に発生していることがあります。

毛虫にとってみれば、新芽の若葉は、きっと、美味しいのだと思います。

一生懸命、夢中になって食べていると、そこに小鳥がやってきて、あっという間に、葉っぱを食べることに夢中になっている毛虫を、啄んで、食べてしまいました。

「春過ぎて 夏きたるらし 白妙の 衣ほしたり 天の香具山」と、持統天皇は、季節の変わり目を歌で詠まれましたが、

我が家では、糠床の準備が始まり、茄子やきゅうり、瓜、キャベツの浅漬けが、近づいてきました。

2015年5月6日(水)