田能村竹田の『富士図』の千円切手が新たに発行されています。金券ショップでは、5%オフで買えます。

研究テーマを、査読論文に書き上げる為には、日本刀を研石で研いで究めるように無駄を省き、一言一句のするどい切れ味に推敲することです。

ゴールデンウィーク前の、博士ゼミに出席です。梅田の地下街は、初夏の装いに変わっています。中でも、ファッション系は、イタリアのミラノをテーマにした、MILANO FAIRをしていました。

ミラノのファッションの特徴を調べてみると、ミラノの特徴は素材の良さを強みに、機能的であり、それにセクシーな要素を掛け合わせたスタイルを打ち出していることです。

チケット屋さんの前を通ると、千円切手が5%OFFで買えるそうです。1000円切手は、デザインが二つあります。一つは、1996年3月に発行された、雪村周継の松鷹図です。

新たに、田能村竹田の描いた、『富士図』が、2015年2月に追加されています。では、千円切手は、何に使うのでしょうか?

封書に貼るのではありません。本来の郵便物に貼る役割と、別納料金として、納付する時にも使います。

さらに、ゆうパックの着払いの際に使うことも出来ます。千円切手を950円で買ってきて、郵便局に払うときは、千円で使えば、50円の差額になります。

一回が50円でも、毎日こんな仕事があれば、10回で500円、100回で5000円の差額が儲けになります。

梅田キャンパスの図書室には、今日の発表者の菊池浩史さんが、レジュメをしていました。十分に準備が進んでいるようです。

創造都市研究の最新号はまだ出ていません。松葉博雄が投稿した、『経営理念浸透が経営戦略の成果に及ぼす影響の研究-メニコンの事例研究-』が、採択された第9巻第1号のままです。

これから夏至に向かって、日が沈むのが遅くなり、外はまだ明るい日差しが残っています。

ゼミが始まる前は、発表者がパワーポイントを使えるように、設定準備をしていますが、なかなか上手く行かない場合は、明石芳彦先生もお手伝いに、手を貸して頂く事があります。

今日の最初の発表は家永秀則さんです。査読論文投稿に向けて、現在進行している研究を発表して、それに対して、明石芳彦先生からのコメントが続きます。

松葉博雄も気がついた事や気になる点を、3点ほどアドバイスしました。

一つは、論理展開方法についてです。

二つは、先行研究に取り上げた論文との整合性です。

三つ目は、調査を行う場合の質問の作り方について、バイアスがかからないようにという配慮です。

査読論文の査読者は、投稿者が気がついていないことを、するどく指摘することがあります。まるで、検事の反対尋問のようなするどさです。

二番目の発表は、先ほど図書室で準備をしていた菊池浩史さんです。

頂いたレジュメの先行研究の文献に、以前、松葉博雄も参考文献として読んだ、清水聰先生のお名前があったので、懐かしく思いました。

菊池浩史さんの発表の後、明石芳彦先生と、小沢貴文生からのコメントがあります。

発表に対して、指導を頂く事が当然ですが、指導にあまり配慮しすぎると、自分の研究が、指導に誘導されて、行き先が変わってしまっても困ります。

どこまで指導を受け入れ、それ以上は受け入れないか、それは研究者の自己責任で判断することになります。

2015年4月27日(月)