朝ごはんは 烏骨鶏の卵かけご飯 ちりめん、淡路の新玉葱、明太子、ミニトマト、柴漬け、筍の煮物が、朝ご飯のメニューです。

朝ごはんは 烏骨鶏 卵かけご飯 朝ごはんは栄養満点の和食を奥さんが用意してくれます ちりめん、淡路の新玉葱、明太子、ミニトマト、柴漬け、筍の煮物が、朝ご飯のメニューです。

烏骨鶏の卵かけご飯 朝ごはん

大学院の新学期が始まると、新しい年の始まりのように感じます。

昨夜は、大阪市立大学大学院の明石芳彦先生の主催する、

博士課程後期の院生を対象とした博士ゼミがあり、

新学期なので、その後飲み会に行って、

帰ってきたのは夜遅くなりました。

今朝は、昨夜の帰宅が遅く、また家に帰って、

ビールを飲んだため、寝るのも遅くなり、

とうとう、朝にしわ寄せが来ました。

起きるのが辛いのです。もっと長く寝たいのです。

奥さんに言われるのは、

そんなに飲まなくてもいいのにということです。

どうやら、ビールを飲み始めると、

止まらないようなので、どこでストップをかけるか、自己責任です。

今日は今日の予定があり、仕事もあり、

奥さんは、昨夜の話し相手をしてくれた後も、

今朝にはちゃんと朝食を、いつものように用意してくれています。

烏骨鶏卵かけごはんの朝食

今朝の朝食の味噌汁は、ナメコ汁です。

味噌汁に、岡山県美作市で買ってきたなめこが入っています。

ご飯は、卵かけご飯をしていただきます。

烏骨鶏の卵で卵かけご飯です。

烏骨鶏の卵は、地方に出かけたときくらいしか、

入手が困難で、神戸の町中では、いつでも買える卵ではありません。

烏骨鶏の卵は、サイズは小さいものの、

その栄養価は高く、なんとなく強壮の効果も期待できそうです。

烏骨鶏は烏骨という名の通り、

皮膚、内臓、骨に到るまで黒色なんだそうです。

また、足の指が、普通のニワトリと同じ前向き3本に加え、

後ろ向きの指が普通のニワトリの1本に対し2本あり、

計5本あるのも大きな特徴です。

普通の卵と、烏骨鶏の卵で作った卵かけご飯に、

味の違いはでるのでしょうか?

烏骨鶏の卵は、黄身の濃度があり、とろっとしています。

このとろっとした感じと、卵の味わいは、

烏骨鶏の卵で卵かけご飯をした時のほうが美味しく頂けました。

烏骨鶏の生卵が美味しいと分かれば、

調理に使うにはなんとなく勿体ない気がするので、

卵かけご飯にして良かったと思います。

玉葱は、淡路の新玉葱です。

これも血液さらさら効果があるそうです。

今日の予定は、ジョンソン・エンド・ジョンソン社の方が、

是非お話があると、面談予定を申し込まれています。

烏骨鶏の卵かけご飯は、のどごしが良く、

よく噛まないまま飲み込んでしまうことがあるので、

出来るだけ時間を掛けて噛むように心掛けます。

卵かけご飯に、アクセントをつけてくれたのが、

久原の辛子明太子です。

慌ただしい朝の時間にパソコンを見て、新聞を見て、

ごはんを食べて、メダカのお世話をして、

全部終わると、これから出勤します。

朝ごはん 関連記事 アーカイブ

2015年4月