啓蟄が過ぎると、蟻が家に入ってきます。塩鮭にアリがたかるとは、何かの勘違いでしょうか?

そろそろ、寒さ対策の粕汁は終わりです。そろそろ、気温が上がり、梅が咲いてきます。冬と春の交差する一夜でした。

2月の下旬に、やっと、梅の見頃がやってきました。2015年の2月は少し寒いのか、例年の2月より、梅の開花が、遅れているように思います。

今夜の夕食は、粕汁です。最近、やや体重が増えて、これではいけない、このままではマズイと思い、しばらく減量する事にしました。

酒粕に含まれるレジスタントプロテインには、摂取した脂肪分を吸着して排出する効果があり、食物繊維も多いので、中性脂肪や悪玉コレステロール値を下げてくれるというダイエット効果も期待できるそうです。

今夜は、白いご飯を抜きにした、かす汁だけの晩ご飯です。

そうなると、食卓で食べる必要もなく、梅が見える、窓際で食べる事にしました。

粕汁だけでなく、野菜も、できるだけ生のままで頂くことにします。一緒に頂くのは、玉ねぎのスライスです。

啓蟄が過ぎると、家の中にも、アリが入ってくるようになり、甘いものを放置しておくと、蟻がたかることがあります。

驚いたのは、粕汁にいれる塩鮭に、蟻がたかることです。最近のアリは、砂糖と塩を間違えるのでしょうか?そんなわけもなく、塩鮭と言いながら、実は、甘鮭でしょうか?

今夜の食事の方針は、ご飯を食べないで、汁気の多い、粕汁を2杯飲んで、水腹にして、満腹感を得ようとしています。

ウメは、ライトアップして、部屋の中からも、見えるようにしています。こうして、うめを見ながら、かす汁を頂くのは、なんとも言えない、風情です。

もともと、粕汁は、寒い時に頂くお料理です。それが、そろそろ梅が咲く、気温が10℃以上になった頃、寒さはそれほどでもない時期に、桜やウメを見ながら、寒い時の料理である、かす汁を頂いています。

アリが、砂糖と塩を取り違えるように、松葉博雄も、寒い時に頂く、身体の温まる粕汁と、そろそろ季節の変わり目を告げる、ウメの開花を、夜に、ライトアップで、梅見をしながら頂いているのですから、冬春の季節の取り違いのようです。

しかし、これは、奧さんのせいではありません。水分を沢山取って、お腹をだまそうとする、希望のせいです。

2015年2月24日(火)