奥さんの誕生祝い 孫達が誕生会に参加すると、こんなに賑やかなお祝い会になるのかと、圧倒されます。

奥さんの誕生祝い 幼い子ども達と、誕生会を一緒にすると、昔に気持ちが戻ってきます。

孫達が主役の、奥さんの誕生日会です。大人達だけの誕生日会とは、賑やかさが違います。

男の子同士の孫達と、女の子同士の孫達は、

することが違うことに、注目が集まります。

女の子同士だと、幼い時から、お互いに上から下まで、相手の様子を見て、ひょっとすると、ファッションも見ているかもしれません。

男の子同士は、持っているおもちゃの紹介をしています。

今、流行なのは、妖怪ウォッチと、トッキュウジャーの、二つのテーマです。

親にとってみると、全てを買い与えている訳ではありません。

トッキュウジャーか、妖怪ウォッチに、テーマを絞っています。

片方が持っているおもちゃを持っていないと、

大変興味をもって、欲しそうになってきます。

U君と、リッキー君は、食事も忘れて、お互いに、お絵かきや、手紙書きをしています。

松葉博雄の奥さんの、誕生日の祝いなので、

孫達も参加して、ロウソクの火を吹き消します。

火を吹き消す、セレモニーの時は、

遊ぶのもやめて、ケーキの周りに集まってきました。

ロウソクを立てて、ろうそくに火を点し、

電気を消して、みんなでハッピーバースデーの歌を歌います。

この時は、今夜の主賓の、奥さんの嬉しさは、ひとしおです。

辛いことも忘れて、孫達に囲まれた嬉しさで、うっとりとしています。

U君もリッキー君も、争うように、

ロウソクの火を消す役をしようとしています。

おばあちゃんが褒めてくれることを、期待しているのでしょうか?

それとも、早くケーキをカットしてほしいからでしょうか?

4歳でも、5歳でも、今どきの幼児は、お誕生日会に慣れているので、

今、何をしているのかが、よく分かっています。

このケーキは、手作りです。

ケーキ屋さんから買って、持ち込んだケーキではありません。

何等分かに、カットされたケーキは、ケーキに興味がなければ、

どの箇所も、同じように見えますが、

子どもの目には、ちゃんと、ケーキの優劣が分かっているようで、

切っているそばから、これ食べたい、

これが欲しいと、注文が大声で掛かっています。

ケーキカットが終わると、U君とリッキー君は

、ケーキを、奪うように食べています。

大人達は、子ども達のエネルギーの強さに圧倒されて、

昔のことを思い出します。それは、自分も幼児の時は、

こんなにちょっとしたことにも、興味を示して、

行動していたのかという、懐かしい思い出です。

2015年2月