浦壁昌広社長は、行動力のある社長です。日本中、海外にも気軽にお出かけです。

シードは、メニコン、ニチコンと並んで、コンタクトレンズの国産大手三社の一つです。海外メーカーに対抗して、日本で唯一国産の使い捨てレンズを国内で製造しています。

12月20日は冬至です。朝、事務所に差し込む日差しを見ると、ずいぶん低い位置から日が差し込み、南向きの窓からは、太陽の明かりが、部屋の奥にまで差し込んできています。

冬至の対極にあるのが夏至で、夏至の頃を考えると、太陽の日差しは弱く、日照時間も短く、太陽の日照時間は、一番短い日になりました。ものは考えようで、これで峠を越して、これからは少しずつ日が長くなっていくのです。

今日の来客予定は、シードの浦壁昌広社長との会食です。場所は江戸町の東荘です。

東荘と言えば、松葉博雄が、2000年4月から、神戸商科大学大学院に入学したとき、中国から留学して来た任慧さん夫妻と友達になり、帰国の時に名残の食事会をした場所です。

浦壁昌広社長と、八町英一学術部マネージャーそして、担当の中野隆一さんの3人とご一緒です。浦壁昌広社長からは、この一年間の、お取引に関する御礼のご挨拶がありました。

シードさんの経営者とご一緒に面談するようになったのは、前社長の井上忠社長からです。それまでは、シードの会社の経営者とお話しする機会はありませんでした。

そのきっかけとなったのは、松葉博雄が2005年から、大阪府立大学大学院の北居明先生と、企業組織文化の研究を始めたことです。

コンタクトレンズの業界文化や、それぞれの企業の企業組織文化を研究するため、シードの東京本社を訪問し、井上忠社長にインタビューをお願いして、それ以来親しくさせて頂いています。

井上忠社長から、浦壁昌広社長に社長が交代したあとも、浦壁昌広社長は、神戸の我が社に時々表敬訪問に来られています。

 ≫2011年4月27日

浦壁昌広社長は、元銀行マンです。浦壁昌広社長は、ロンドンで暮らした海外生活の経験もあります。しかも、ロンドンの大学院を修了している経済学修士です。

先附 「茶碗蒸し 鱶鰭餡」

経歴をお伺いすると、とてもエリートで、コンタクトレンズの繋がりがなければ、こうしてご一緒に会食する機会もきっとありませんでした。

前菜 「雲子醤油焼/牡蠣燻製/下仁田生ハム巻/公魚おかき揚げ/鴨ロース/雪輪蓮根」

浦壁昌広社長はエリートでありながら、とても腰の軽い行動力のある経営者です。この行動力で、社員の先を歩き、どんどん意志決定を行って、早いスピードの経営をしているように見えます。

その例として、これまでコンタクトレンズは、視力矯正用具として高度管理医療機器の範疇でとらえていました。それを、神戸コレクションの中にシードのアイコフレをいれて、ファッションの一部として、神戸コレクションに参加しています。

御椀 「焼目鯛 聖護院大根」

松葉博雄も、シードの神戸コレクションのシークレットパーティに呼んで頂きました。

造里 「鮮魚盛り合せ あしらい一式」

浦壁昌広社長は、 経済学修士なので、幅広く、奥の深い経済学の知識を持っていることを感じます。

揚げ物 「油目 木の芽 芽葱」

松葉博雄は、神戸商科大学大学院で、普通36単位で修了できるところを、経営学だけでなく経済学の講座も受けたので、修得単位は経営と経済の合計が76単位と、たくさん頂きました。

お食事 「蟹 壬生菜の炊き込みご飯 留椀 香の物」

浦壁昌広社長とお話しして共鳴するのは、今のコンタクトレンズ業界の業界文化です。自分の家族や、子ども達、そして知人友人に、誇れるような業界文化を創りたいという思いです。

水菓子 「ラフランス 苺」

お昼の会食なので、アルコールは避けて、ノンアルコールビールで、飲んだつもりの会食です。今日は、三連休の土曜日で、本来浦壁昌広社長は会社の定休日ですが、こうしてお休みの日にも、出来るだけたくさんの取引先とお話ができるように、全国行脚中です。

夜の会食と違って時間も短く、東荘の外に出てもまだ日は高く、明るい日差しです。

神戸で、シードのコンタクトレンズ製品の市場開拓をすれば、その顧客を競争企業と奪い合いするのではなく、その後も、生涯顧客として、長いおつきあいが出来るようになるにはどうすれば良いか、これを浦壁昌広社長と相談し、来年から実施してみることになりました。

2013年12月21日(土)