無冠の「松葉キャンディーズ」の二人で漫才、ゴールデンボンバーの「女々しくて」や、EXILEの「Choo Choo TRAIN」で踊って、出演者も観客も皆で盛り上がりました。 2013年下半期慰労会(2)

無冠の「松葉キャンディーズ」の二人で漫才、ゴールデンボンバーの「女々しくて」や、EXILEの「Choo Choo TRAIN」で踊って、出演者も観客も皆で盛り上がりました。 2013年下半期慰労会(2)

慰労会の準備をするのは世話係です。皆さんに声掛けをして、出場を促します。そして、競争意識を育成します。グランプリを獲りたいという意識形成です。

出場する人がいなければ、出場しても頑張ろうという意欲が沸かなければ、見る人の気持ちを掻き立てることは出来ません。その点は、大丈夫です。皆さんこの日を楽しみにしていたので、それぞれが各テーブルを周り、交流をしています。

さて、M-1グランプリの間には、もう1つイベントがあります。それは、「100円争奪戦!じゃんけん大会」です。1人100円を賭けて勝ち抜きじゃんけんをしていきます。

少人数でじゃんけんをする場合は、ゲーム理論でナッシュ均衡点を説明できますが、50人となると、ゲーム理論の及ぶところではありません。

そしてなんと、社長の松葉博雄からは1万円です!皆さんとても大喜びで、会場からは歓声があがりました。2位の人には、皆さんから集めた100円玉50枚分、5000円です。

予選はそれぞれのテーブルで行います。テーブルの中で勝ち残った人だけが、決勝進出です。皆さん本気モードのじゃんけんです。

各テーブルで勝ち残った人達が揃いました。7人の中から残るのは、一体誰でしょうか。人数が絞られてくると、協力ゲームか、非協力ゲームか、読むことができます。

というのは、今回の慰労会を最後に、長期勤務者で退職が予定されている人が、壇上に上がっているからです。

会場の皆さんに見守られながら、じゃんけんが続きます。勝った人はガッツポーズで大喜びです。

そして最後まで残った3人の戦いとなりました。あいこが続き、なかなか決着のつかないおもしろい戦いでした。結果は、非協力ゲームの、ガチンコゲームになりました。

さて、ここからはM-1グランプリの後半戦です。3番手は、M-1グランプリでもお馴染みになってきました、無冠の「松葉キャンディーズ」の二人です。

緊張している様子もありません。ベテラン2人、息ぴったりの漫才です。設定は、コンタクトレンズの受付です。また次回の慰労会も期待しています。

続いては「進撃の三人(みじん)」の皆さんの登場です。名前の由来は、このチームのスタッフが、マンガ、「進撃の巨人」の愛読者で、そこからもじって付けられました。

NHK連続テレビ小説、「あまちゃん」の挿入歌、「潮騒のメモリー」が流れます。視聴率が高くて話題になったので、ほとんどの方が知っていました。

これでおわりではありません。途中でなんと、Mr.マリックに扮したスタッフが登場しました。

ここから手品の始まりです。新聞紙を折っては切り、折っては切り・・と繰り返します。そして最後にその新聞紙を広げます。

なんと切ったはずの新聞紙が全部繋がっていて、元通りになっていました。

これはもう、「じぇじぇじぇ」と言ってしまいます。

手品は何度も練習したのでしょうか。お見事でした。

楽しい時間はあっという間です。おいしいお料理も、終盤になってきました。松葉博雄の周りには、社長、社長と、ビールを持って、ビールを勧めてくれる人が続いています。

さて、M-1グランプリもついに最後の出演者、「新グッチJAPAN」の登場です。

皆さんゴールデンボンバーの樽美酒研のお面をかぶって、EXILEの「Choo Choo TRAIN」を踊ります。

曲がゴールデンボンバーの「女々しくて」に変わると、皆さんお面を外します。

お面を取ったら、一人だけお面と同じ化粧をしていました。皆さん無表情で真剣に踊っています。会場は一気に笑いに包まれました。

踊りの完成度が高く、3人の息がぴったりと合った最高のパフォーマンスでした。皆さんお疲れ様でした。

さて、M-1グランプリはこれで終わりです。これから、投票の集計に入ります。しばしご歓談の間に、席を移り、ビールやお酒を勧め合って、賑やかな雰囲気になっています。今夜は飲み放題、フリードリンクです。しかし、全体的には、フリードリンク代に払った分ほど、アルコールの消費量は、対応していなかったと思います。

2013年12月14日(土)